ホームホワイトニングの効果|ジェル、テープなどの市販薬剤と処方箋の違い kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ホームホワイトニングの効果|ジェル、テープなどの市販薬剤と処方箋の違い

自宅で行う歯のホワイトニングのことを、大きく「ホームホワイトニング」と呼びます。ホームホワイトニングにもいくつか種類があり、歯医者さんに薬剤を処方してもらうものと、市販のジェルやテープを使用して歯を白くする方法があります。ここでは、ホームホワイトニングの種類と、それぞれの効果について紹介します。

ホームホワイトニングの効果:市販の薬剤だと薄い?

まず、一般的にホームホワイトニングには歯医者でマウスピースを作製し薬剤を処方してもらうものと、市販のジェルやテープ、マニキュアなどを使用するものを想像されるかと思います。しかし、どんなどんな方法であっても、可能であれば最初は歯科医院で診療を受けることをおすすめします。というのも、ホワイトニングを施しても問題がない状態かを調べるためです。もし、歯面に見えない傷などがある場合は薬剤がしみたり知覚過敏を引き起こす可能性もあるからです。その上で、ホワイトニングのケアを行う方がリスクが少ないかと思います。

そのうえで、歯科医院で処置をしてもらうホームホワイトニングは、患者さん専用のマウスピースを作製し、薬剤を処方してもらうのです。その後は自宅で毎日、処方された薬剤をマウスピースに塗り付けて、歯列へと装着します。マウスピースは歯列にぴったり合っているので、外れたりズレたりする心配は基本的にないようです。そのため、歯科医院で処方してもらうホームホワイトニングは、誰にでも簡単にできて、なおかつ効果の高い方法だといえます。

しかし注意しなければいけないのは、薬剤を作用させる時間です。あまりに短すぎても効果が現れてきませんし、逆に長すぎると歯にダメージを与えることがあります。つまり、ホームホワイトニングは患者さん自身が処置する方法だけに、歯科医師から受けた指示をきちんと守らなければいけないようです。

ホームホワイトニングの効果:歯医者さんに薬剤を処方してもらう

歯科医院で処置をしてもらうホームホワイトニングの場合、診察を行ったらまず患者さん専用のマウスピースを作製してから、薬剤を処方してもらいます。その後は自宅で毎日、処方された薬剤をマウスピースに塗り付けて歯列へと装着し、歯のホワイトニングケアを行っていきます。ちなみに、マウスピースは歯列にぴったり装着できるように作るため、外れたりズレたりする心配は基本的にないようです。通院回数も少なく誰にでも簡単にできるため、歯医者さんに処方してもらうこの方法は、ホームホワイトニングの中でも効果が高いものだといえます。

しかし注意しなければならないのは、薬剤を作用させる時間です。あまりに短すぎても効果が現れてきませんし、逆に長すぎると歯にダメージを与えることがあります。つまり、ホームホワイトニングは患者さん自身が処置する方法だけに、歯科医師から受けた指示をきちんと守らなければいけないようです。

ホームホワイトニングの効果:ホワイトニングジェル

市販されているホワイトニングの薬剤には、歯の表面に塗るジェルタイプのものがあります。といっても、このジェルタイプのホームホワイトニングには、2つの種類があるといえます。まず1つは、歯科医院で受けることができるホームホワイトニングとほぼ同じ方法です。本来、ホームホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医師によって処方されなければならないようなのですが、実は、個人輸入したものであれば、歯科医師の免許がなくても販売することが可能なようです。実際、インターネットでは、こうしたジェルタイプのホームホワイトニングキットを販売しているサイトがあります。既製品ではありますが、マウスピースもついています。ただ、薬剤の濃度や使用法などは、自分自身で判断しなければならないため、ある程度のリスクは伴うといえるようです。

次に、2つ目のジェルタイプの種類についてですが、こちらは薬局などでも購入できる正規品といえます。ただ、歯科医院で受けるホームホワイトニングのような成分は配合されていません。あくまで研磨効果の高い、ジェルタイプの歯磨き粉と考えた方が適切かもしれません。

ホームホワイトニングの効果:ホワイトニングテープ

ホームホワイトニングの種類で意外に知られていないのが、テープタイプの商品です。ホワイトニングテープと呼ばれるもので、その他のホームホワイトニングと同様、自宅で歯を白くすることができます。テープタイプのホームホワイトニングは、マウスピースのような道具は必要ありません。マウスピースの代わりに、ホワイトニングが付着したテープを歯面に貼るだけで、歯を白くすることができるのです。

アメリカでは一般的に行われているホームホワイトニングですが、日本では基本的にネット上のショップでしか手に入れることができません。これは、過酸化水素が含まれたホワイトイング剤を使用しているからです。テープタイプは、かなり手軽にできるホームホワイトニングの種類ですが、使用法を誤ると歯を傷つける恐れがありますので、それなりに注意が必要といえるようです。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP