銀歯って本当に危険なの?解説します!|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

銀歯って本当に危険なの?解説します!

銀歯は危険だから取り替えた方がいい、とよく聞きますが、本当のところはどうなのか?金属アレルギーから見た説明と、水銀から見た説明をしていきます。また、金属以外のかぶせもの・詰めものを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

銀歯の問題点を二つに絞ってみました!

現在、いわゆる銀歯には大きく分けて二つ問題点があるようです。

・金属アレルギーの人にとってアレルギーを起こす可能性がある

・水銀を含んでいる可能性がある

以上です。この二つについて、分かりやすく説明していきます。

銀によるアレルギーとは限らない!

銀歯には2種類あります。一つは、かぶせもの。もう一つは、詰めものです。銀歯による金属アレルギーは、だ液などで銀歯が口の中で溶け出し、体内に入った金属イオンが異物と反応され、体の各所で炎症を起こすなどの症状を指します。

しかし銀歯と呼ばれるものは、銀のみでできているのではありません。金・パラジューム(パラジウム)など複数の金属を混ぜた合金です。

したがって金属アレルギーを起こした場合、この合金のどの金属イオンと体が反応したのかは、病院などで検査をしないと判別できません。金かもしれないし、パラジュームかもしれないのです。

人により、どの金属に反応してしまうか、ケースはまちまちです。したがって、銀によってアレルギーを起こしたとすぐに決めつけてはいけません。

アレルギーは体のあちこちで起こります

体内に入り込んだいずれかの金属イオンが反応するのは、歯や口の周辺だけとは限りません。手足を含めた全身のどこか一部でかゆみ・痛みを感じたり、水泡のような症状が出たりします。これらの症状が起きたのに原因が分からないという場合には、口の中に銀歯があるかどうかを振り返ってみてください。

歯医者さんによっては、銀歯による金属アレルギーから、頭痛・肩こり・不眠・うつなどの症状が起こる可能性があるともしています。ただし、医師により意見はまちまちなこともあるので、しっかりと問い合わせてみましょう。

銀歯には水銀の含まれている可能性が…

 

1970年代を中心に、1990年代までの歯の治療には、歯科用アマルガムと呼ばれる金属がかぶせもの・詰めものに使われていました。これは銀・すずの合金に銅や亜鉛を添加し、水銀を練りこんだ合金です。当時もこれが銀歯と呼ばれており、現在の銀歯と見た目は変わりません。

安価で加工しやすい、丈夫である、殺菌性がある、歯髄への刺激が少ない、痛みを抑える作用があるなどのメリットから、この歯科用アマルガムは使われていました。またつい最近まで、水銀は銀歯だけではなく、体温計、けがをした際の殺菌剤など多くの身近なものに使われていました。

水銀はどんな害があるの?

水銀が体内に多く蓄積されると、しびれ・腹痛・嘔吐(おうと)・下痢などが起こり、神経や脳を冒す重症を経て、死に至ることもあります。1956年頃に熊本県水俣市で発見された水俣(みなまた)病は、水銀によって多くの犠牲者が出てしまった公害病で知られています。

現在は多くの歯医者さんで使っていません

1990年台に入ると、口内の歯科用アマルガムに含まれている水銀が蒸発し、健康被害が起きているという報告が上がるようになりました。

水の沸点は100℃であると学校でも教わりましたが、100℃になる前から水蒸気を発しています。これと同じように、水銀も20℃を超えたあたりから蒸発を始めるのです。

歯科用アマルガムは口の中で蒸発し、そしてだ液などによる劣化で、体内に入り込んでしまう恐れがあるとされ、現在では多くの歯医者さんで使うのを止めています。しかし、国が使うことを禁じているわけではないため、すべての歯医者さんが使っていないとは言い切れません。

また、1990年代頃までに銀歯を治療したことのある人へ、その銀歯を除去し、新しいかぶせもの・詰めものに替えることをおすすめしている歯医者さんが、現在では増えています。

再治療には注意が必要な場合も

ただし、銀歯を外す際に口の中へ細かくなった金属をまき散らさないよう、しっかり配慮した方がいい、と考える歯医者さんもいます。また、外したところへ新たに詰めものをする際には、再度歯を削る場合があります。神経へ達するほど多く削らなくてはならないケースもあり、歯へのダメージも考えなくてはなりません。

銀歯以外の材質によるかぶせもの・詰めもの

では、銀歯を外し、新たにそこへかぶせ、詰めるものはどんな材質のものがいいのか?保険が適用されるかどうかも含めてご案内します。

レジン(歯科用プラスチック)

現在主流になっているのは、歯科用プラスチックであるレジンを使ったもので、コンポレットレジンとも呼ばれます。これは白色で歯の色に近いため、外観の美しさも備わっている素材です。また、基本的には保険が適用されるので、費用を抑えることができます。ただし、近年では保険適用外のコンポジットレジンも存在し、色調のバリエーションや耐久性ににちがいがあるので、注意が必要です。

かみしめる力が多くかかる奥歯には、金属より強度の劣るレジンだと欠けてしまう、という歯医者さんがいます。しかし、現在のレジンは発達しており強度に問題はないとする歯医者さんもいます。歯医者さんによって意見が異なるとは困ったものですが、納得できるまで相談してみるといいでしょう。逆に、相談を嫌がるような歯医者さんでは治療をしない方がいいかもしれません。

ただし、レジンには吸水性があるため、年月を経ると変色をする可能性があります。

 セラミック(陶器などに使われる素材)

セラミックはお茶わんや湯飲みなどの陶磁器に使われる素材です。セラミックによるかぶせもの・詰めものであれば、レジンよりも変色の可能性は低くなり、強度も増していきます。セラミックという材質が、科学的に作り出された人工の石に近いものだからです。

ちなみに、セラミックによるかぶせものをセラミッククラウン、詰めものをセラミックインレーと呼びます。

ただし、セラミックによるものは保険が適用されません。自己負担10割となる、いわゆる自由診療での扱いになります。

そこで価格を抑える意味合いも含め、複数の種類から選ぶことができるので挙げてみます。

・オールセラミッククラウン(インレー)

セラミックのみで作られたクラウン(かぶせもの)です。

・ジルコニアクラウン(インレー)

セラミックの一つであるジルコニアを使ったものです。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強度があります。しかし歯の色と若干異なるため、内側はジルコニア、表面はセラミックで作られたジルコニアセラミッククラウンもあります。

・メタルセラミッククラウン(インレー)

価格を抑えるため、内側が金属、表面がセラミックで作られたものです。

・ハイブリッドセラミッククラウン(インレー)

これも価格を抑えるため、レジンとセラミックを混合させた素材により作られたものです。前から4番目・5番目の歯(第1・第2小臼歯)のみ保険の適用が認められています。それ以外は保険外、すなわち自由診療となります。

・ゴールドクラウン(インレー)

金でできています。金属としては加工しやすい柔らかさのため、歯にフィットしやすいとされています。

まとめ

いわゆる銀歯による影響は、アレルギーと水銀の二つに絞れるようです。歯医者さんでかぶせもの・詰めものをする場合は、歯科用アマルガムが入っているか、金属アレルギーを起こす場合があるかを確認するといいでしょう。

さらには、1990年代までに歯医者さんでかぶせもの・詰めものをした人は、歯医者さんで歯科用アマルガムについて尋ねてみるのもいいでしょう。歯医者さんがすすめるのであれば、それらを取り除き、ほかの材質によるかぶせもの・詰めものを施術する可能性があります。

  • 監修医吉野 真弘
  • COJI DENTAL OFFICE
  • 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICE
詳細はこちら

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。
扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。
あらゆる可能性から、あなたにあった治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング