インプラントの痛み|手術のリスク・手術後の痛みとその対処法 kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントの痛み|手術のリスク・手術後の痛みとその対処法

インプラントの評判がいいとは聞いても、痛みへの恐怖からどうしても足を踏み出せない方もいるのではないでしょうか?

「手術もするし、麻酔が切れて切開したところが痛みはじめたらどうしよう……」「手術の日の夜は痛みで眠れないのでは?」など、不安はつきないかもしれません。実際のところ、インプラント治療に痛みはあるのでしょうか?

ここでは、そんな疑問を解決するべく、インプラントの痛みがあるのかどうか、どういった場合にどんな痛みが出る可能性があるのか、痛みが出ないための対処法などについてお伝えします。

インプラントの痛みに不安を感じている方向けに、悩みを解消できる内容になっています。しっかりポイントをおさえて、心配のないインプラント治療にのぞみましょう。

インプラント手術に痛みはある?

結論からいうと、インプラント手術に痛みへの心配はほとんどありません。

切開をともなった外科手術をともない、ドリルで穴をあけたりもするのでいかにも痛そうですが、実際には麻酔をしっかり打ち、術後も痛み止めがもらえます。

さまざまな麻酔法で痛みをおさえる!

手術時には、当然ながら麻酔を打ちます。麻酔注射の痛みも考えられますが、それもチクッとする程度。さらに、医院によっては以下のような方法でも対処しています。

 

・表面麻酔…歯茎に塗ることで感覚を麻痺させて、針を刺す痛みをやわらげる

・電動麻酔器…コンピュータ制御で患者さんが痛みを感じないような注入スピードに自動調整してくれる機器

・極細の注射針…刺す瞬間のチクッとする痛みがおさえられる

・麻酔を温める…事前に麻酔液を人肌に温めることで、温度差による痛みをおさえる

手術中に麻酔が切れたりしない?

インプラントの手術時間はせいぜい30分程度です。短時間なので、適切な処置がされていれば、途中で麻酔が切れることはほぼないでしょう。

仮に手術が長時間に及んだとしても、麻酔の追加など適切にしてもらえるので問題ありません。

また、奥歯は麻酔がききづらいことがありますが、その場合でも伝達麻酔という、下顎に向かう神経の経路に麻酔を打つ方法もあります。

それでも不安な方に!恐怖心がなくなる2つの麻酔法

麻酔で痛みがなくなったとしても、気持ちの面での緊張感はいかんともしがたいものがありますよね。そんな方向けに、静脈内鎮静や笑気麻酔という方法も存在します。歯医者さんにより採用している方法が違うので、前もって確認してみましょう。

 

・静脈内鎮静…ウトウトして恐怖心を感じず、健忘効果で手術中の記憶もあいまいに

・笑気麻酔…頭がぼーっとして、緊張感や恐怖心が薄れてリラックスできる

インプラント手術後の痛みはあるの?

痛み止めを飲めばほぼ問題なし

「手術中は痛みがなくても、麻酔が切れた手術後はどうなの?」と思うかもしれません。実際のところ、麻酔が切れてくる2時間後くらいからじわじわと痛みが出てきます。ただし個人差はありますが、激痛といえるほどの痛みではなく、違和感程度のこともあり、処方された痛み止めを服用すればほぼ問題はないでしょう。

その痛みは抜歯をしたときくらいともいわれます。治療を受けた患者さんの感想でも、思ったより痛くなかった、ほとんど痛みはなかった、という方が多いようです。

抜糸時の痛みはチクチクする程度

インプラントを埋める際には歯茎を切開し、術後7~10日ほどで抜糸をおこないます。その痛みはチクチクとする感じで、それに違和感や不快感を覚える人もいるかもしれません。どうしても嫌であれば、表面麻酔を塗ることで痛みを緩和させることが可能です。

インプラントの術後リスクとその対処法

処方された痛み止めを飲めば、基本的には痛みはおさまります。しかし、万一、痛み止めがききづらかったり、痛みがひどかったりする場合は、できるだけ早く歯医者さんに相談してください。

また、応急処置的にではありますが、以下のような方法でも一時的に痛みを緩和させることが可能です。ほかにも、インプラントの手術後に起こる可能性のあるリスクとその対処法、また、生活面のアドバイスもあわせて紹介します。

安静に過ごすのが基本

術後は、自分で思っている以上に心身が安定していないことも多いです。そのため、術後の基本は安静にゆっくりすることです。無理をすると痛みや腫れの悪化を招きかねません。特に術後2~3日は激しい運動も避けてください。

医師からも術後の過ごし方についてさまざま指示があるはずなので、しっかり厳守しましょう。

細菌感染のリスクもあり

インプラント手術に使用する機器は、滅菌、あるいは使い捨てが徹底されており、手術室も清潔に保たれています。そのため、術中の感染リスクはかなり低いはずです。

ですが、術後にはそのリスクが高まってしまいます。患者さんはやはりプロではないため、適切なメンテナンスがおこなえていない可能性があるためです。

歯医者さんの指示通りに、衛生的な口腔環境の維持をめざしましょう。

傷口を冷やす

術後24時間程度は患部を軽く冷やすことで、痛みや腫れがおさえられます。ただし、冷やしすぎても血液循環が悪くなり逆に回復が遅れやすくなります。

とはいえ、実際には痛み止めのみで対処できる程度の痛みであることが多いようです。

食べ物はやわらかいものを

患部に負担がかからないよう、術後2~3日は極力、ゼリーやヨーグルト、おかゆといったやわらかいものを取るようにしましょう。酸味のあるものや辛いものも、傷口に刺激を与えてしまうためできるだけ避けるようにしてください。温度もぬるめにするのが理想です。

また、傷口が開かないよう、食事を噛む際も、手術をしたのとは反対側でおこなうようにしましょう。

タバコ、アルコールは避ける

特に手術当日は、アルコールは飲まないようにしましょう。血液の流れが良くなることで、痛みや腫れの悪化の原因となります。

タバコは、毛細血管を収縮させることで血行が悪化し、傷の治りやインプラントと骨の結合を遅らせます。

術後、歯医者さんから指定された期間は、タバコ、アルコールは避けてください。

うがいは慎重に

ブクブクと強めにうがいをすると、傷口のかさぶたがはがれて、出血する恐れがあります。口をゆすぐ際でも、水を含み、そっと吐き出すようなうがいを心がけましょう。

歯磨きも丁寧に

術後は歯磨きにも注意が必要です。歯ブラシが患部に当たることによる刺激もそうですが、歯ブラシに付着した雑菌も危険です。できるだけ歯ブラシが傷口に触れないようにして丁寧に歯磨きをしましょう。

ただし、歯磨き自体をしないのは厳禁です。口の中の汚れが原因で患部が炎症を起こしたりするためです。口内を衛生的に保つケアは怠らないでください。

入浴はシャワーで済ませる

お風呂では湯船に浸かってゆっくりしたいかもしれませんが、血行が良くなることで傷口から出血してしまう恐れがあります。インプラントの手術後2~3日は、入浴はシャワーで済ませましょう。

まとめ

インプラント治療を受けるのに、痛みへの不安があるかもしれませんが、ほとんどのケースにおいて、心配していたほどでもなかった、ということが多いようです。術後の過ごし方についても、歯医者さんから説明があるはずなので、指示通りにすれば問題はないでしょう。

とはいえ、リスクはゼロではないので、いざというときのための対処法は知っておく必要があります。不安なことがあればしっかりと歯医者さんに確認しておき、特に術後数日間は安静にすることを忘れないようにしましょう。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP