インプラント手術|一回法と二回法の違いについて kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラント手術|一回法と二回法の違いについて

インプラント治療には、外科手術が伴います。このインプラント手術は大きく2つに分けられ、具体的には一回法と二回法の2つに分類できます。それぞれの方法に特色があり、適用できるケースも異なるようです。ここではインプラント治療の概要から、一回法と二回法の違いに至るまでをわかりやすく解説したいと思います。

インプラント手術:治療全体の流れ

インプラントは、歯を失った際に、人工の歯根と差し歯を装着する治療法で、この2つをつなぐアバットメントというパーツによって成り立っています。インプラント手術では、主に人工歯であるインプラント体を装着することが行われます。

まず、インプラント治療で最も重要となるインプラント体ですが、これは顎の骨にドリルで穴をあけます。このとき、歯茎を切り開くので、それなりに出血なども伴います。穴をあけたところにインプラント体を埋め、しっかりと固定します。アバットメントを装着するまでの外科処置を一回で行うか、あるいは二回で行うかによって、一回法と二回法の違いが出てくるのです。つまり、インプラント手術の一回法と二回法の違いは、手術の回数になります。

インプラント手術:一回法の具体的な流れ

インプラント手術の一回法は、手術が一回だけ行われます。つまり、インプラント体を一度に取り付けてしまうのです。手術が成功すれば、あとはアバットメントと上部構造である人工歯を製作するだけなので、治療期間も比較的短くなるようです。

ただし、インプラント手術の一回法を適用するには条件があります。それは顎の骨の状態が良好であるかどうかです。骨密度が正常で、顎骨の大きさや形が適切でなければ、インプラント手術の一回法は適用できないことが多いようです。簡単にいえば、インプラント体を埋入するための土台がしっかりしているかどうかということです。インプラント体は手術後に、顎の骨と結合します。チタンという素材はヒトの骨と結合する性質を持っているのです。そのため、足や手の人工関節に使われることも多々あります。

しかし、骨が健康でなければ、チタン製のインプラント体は骨と結合してくれません。あるいは結合したとしても、時間が経過してからインプラント体が脱落してしまうこともあるようなのです。ですので、残念ながら全ての患者さんで一回法が適用されるとはいえません。

1回法のメリット・デメリット

1回法にはメリットとデメリットの両面がありますので、それぞれをきっちり把握した上で選ぶようにしましょう。

メリット

①患者のダメージや負担が少ない

1回法は一度しか切開をしないので、体への負担が少ないです。二回目の切開を行なわないことで、ダウンタイムも短くなり日常生活への影響も最小限に留められます。

②シンプルな治療でスピーディーかつリーズナブル

人工歯が入るまでの工程が2回法よりもシンプルですので、治療の時間が短いです。また、コストも安く出費を抑えられます。

デメリット

①感染症のリスクが高い

1回法は埋め込んだインプラントの一部をあご骨の外に露出しておくため、骨が不足して骨再生法を行う場合は2回法を選択することになります。

②審美性が低下する

2回法の方がイメージ通りの仕上がりになりやすいため、審美性に優れています。審美性にこだわりたい方は1回法よりも2回法を選んだ方が納得できる仕上がりになる可能性が高いです。

1回法の代表的なインプラント

インプラントはメーカーによって性能に違いがあります。代表的なインプラントメーカーとシステムを紹介しますので、信頼できるものを選びましょう。

①商品名「ノーベルダイレクト」

ノーベルバイオケアという会社が作っているインプラントシステムで、表面の形状が骨との結合を促がす作りになっています。奥歯や即時インプラントなどに適しています。

②商品名「AQBインプラント」

アドバンス社が製造している日本国産のインプラントです。独自のハイドロキシアバタイトコーディングによって、骨との結合性を高めているのが大きな特徴です。

③商品名「POIインプラント」

日本メディカルマテリアル社が製造している国産のインプラントで、リーズナブルな価格が特徴です。開発されてから歴史が長く安心感のあるインプラントです。

インプラント手術:二回法の具体的な流れ

インプラントの二回法は、手術が二回行われます。まず始めに、インプラント体を顎の骨に埋め込む手術が実施されます。ここまでは一回法と変わりはありません。

一回法との違いは、インプラント体を埋入してから、しばらく時間を置くという点です。その間、骨とインプラント体が結合するのを待ちます。つまり、インプラント手術の一回法よりも、顎の状態が良くないケースに二回法が適用されることが多いです。骨量が不足している場合は、骨補填材などを使って、顎の骨を増やす処置を施すこともあるようです。そうしてインプラント体がしっかりと顎の骨に埋まったら、二回目の手術が実施されます。

一回目の手術でインプラント体を埋めたら、一度縫合しますので、二回目の手術は再び歯茎の切開から始まります。手術と申しましても、体への負担はさほどでもありません。また経済的な部分も大体の医院は、トータルの料金に含まれている事が多いようです。インプラント手術の二回法にはデメリットが多いようにも感じますが、確実に埋入できるなどのメリットもあります。どちらの手術方法が良いとは言い切れないため、医師と相談して決定していくとよいでしょう。

◆2回法のメリット・デメリット

2回法にも1回法と同じくメリットとデメリットの両面がありますので、自分に合う方を選べるよう把握しておきましょう。

メリット

①様々なケースに対応できる

顎の骨が痩せている方や全身疾患を持っている方でも治療できるケースが多い。また、イメージ通りに仕上げやすいので審美性が高いです。

②感染症のリスクが少ない

インプラントを埋入した後に一度歯茎を縫合して閉じるので、細菌が侵入しづらく感染リスクが低いです。

③オーバーデンチャーに対応できる

着脱式の総入れ歯であるオーバーデンチャーにも対応しているので、施術後も状態によって応用が利く。

デメリット

①体の負担が大きい

インプラントを埋入する際と、人工歯を装着する際の合計二回歯茎の切開を行うので、体への負担が大きいです。

②治療期間が長い

1回法のインプラントに比べると、治療工程が多く治療期間が長くなってしまいます。

③費用が高くなる

歯茎を切開する外科手術が2回必要になるため、費用が高くついてしまいます。

2回法の代表的なインプラント

2回法にも様々なインプラントシステムがありますので、それぞれの特徴を知った上で選びましょう。

①商品名「カムログインプラント」

株式会社アルタデントが作ったインプラントシステムで、長期に渡る臨床研究によって完成した高品質のインプラントシステムです。

②商品名「アストラテックインプラント」

アストラテック株式会社によって作られたインプラントシステムで、インプラントの周囲の骨を保護する性能が高いのが特徴です。

③商品名「ブローネマルクシステム」

インプラント表面の骨伝導性が高く、骨との結合性が早いのが特徴の、ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社のインプラントシステム。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP