インプラントの専門医とは?認定医と指導医の違い kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントの専門医とは?認定医と指導医の違い

インプラント治療には一般歯科の治療とは異なる、専門の技術や知識が必要です。多くのインプラント歯科では、治療を担当する歯医者がインプラントの認定医や指導医といった資格を保有しています。ここでは、一般歯科治療とインプラント治療の違いや、インプラントの資格について解説していきたいと思います。

インプラントの資格認定制度

インプラント治療を行うために必要な資格はありません。ですが、資格認定制度というものがあります。社団法人日本口腔インプラント学会がこの資格認定制度というものを行なっています。これを取得するためには、インプラント治療に関する知識や実績を一定以上持っている必要があるのです。
この学会の認定を受けるためには様々な条件をクリアしなければなりません。さらに、資格認定試験を受けるためにも研修や講座を修了していることや、指定されたインプラント治療を経験しているなどの条件が課せられています。試験を受けるための条件をすべてクリアし、さらに資格認定試験に合格した歯科医師だけが認定医となることができるのです。
認定医の上には指導医というものがあり、指導医になるためには認定医のときよりも厳しい条件が設定されています。

・社団法人日本口腔インプラント学会
昭和47年設立、多くの歯科医師が所属している、日本国内の歯科業界の中でも大規模な学会です。インプラントの発展を目的とした学会で、様々な学術大会や講習会を開催しています。

インプラントの専門医とは学会などをに所属している医師のこと

インプラントの認定医とは、日本口腔インプラント学会に一定の期間在籍していたインプラント医に与えられる資格です。もちろん、単に学会に在籍しているだけでなく、その間、インプラント治療の実績等を着実に積み上げてきた人に与えられる資格ですので、一定水準の治療技術があるかどうかを見極める重要な指標になるかと思います。

インプラント治療を行っている歯科クリニックでは、独自のホームページなどを開設して、所属している歯医者の紹介などを行っていることが多いので、医師にインプラント認定医の資格があれば記載されているかと思います。クリニックによってはホームページがなかったり、歯医者の紹介をしていなかったりしますので、実際にメールや電話で問い合わせてみるのも良いかもしれません。

やはり、インプラントという専門治療を受けるのであれば、一定水準以上の治療技術を持った歯医者に治療を担当してもらうのがおすすめです。

インプラントの認定医とは特定の医師にだけ与えられる資格のこと

インプラント治療の認定資格には、指導医というものもあります。インプラント指導医も日本口腔インプラント学会から与えられる資格ですが、認定医よりもランクが上になります。

インプラント指導医にまでなると、歯医者に対してインプラント治療を指導することができます。例えば、大学の歯学部には、こうしたインプラント指導医が1人は在籍しています。インプラント指導医になるには、一定期間以上学会に在籍するだけではなく、論文を発表したり、沢山の実績を積まなければいけません。その上で認定試験に合格して初めて、インプラント指導医になれるのです。そのため、インプラント治療を行っている歯医者の中では、最も高度な技術と豊富な実績を持っている証明にもなるといえるかと思います。民間の歯科医院で勤務していることは少なく、大きな病院や大学病院などには在籍していることが多いようです。

しかし、インプラントに関する資格をもっていなくても優秀な歯医者は存在していますので、あくまでひとつの目安程度に考えた方が良いかもしれません。

インプラントの指導医とは認定医を指導する立場にある医師のこと

インプラント治療の認定資格には、指導医というものもあります。インプラント指導医も日本口腔インプラント学会から与えられる資格ですが、認定医よりもランクが上になります。

インプラント指導医にまでなると、歯医者に対してインプラント治療を指導することができます。例えば、大学の歯学部には、こうしたインプラント指導医が1人は在籍しています。インプラント指導医になるには、一定期間以上学会に在籍するだけではなく、論文を発表したり、沢山の実績を積まなければいけません。その上で認定試験に合格して初めて、インプラント指導医になれるのです。そのため、インプラント治療を行っている歯医者の中では、最も高度な技術と豊富な実績を持っている証明にもなるといえるかと思います。民間の歯科医院で勤務していることは少なく、大きな病院や大学病院などには在籍していることが多いようです。

医師を選ぶ際の目安になる

インプラントの資格認定制度は取得が必須、というものではありません。ですが、専門医や認定医であるかということは、歯科医師選びの目安になります。専門医や認定医、もしくは指導医であれば一定の水準を期待することができるでしょう。
また、インプラントに関する資格は一度取得してしまえば永続するというものではありません。継続してインプラント治療を行っていることが必須であり、5年に一度の資格更新の際に厳しくチェックされます。その際、単純に治療の数をこなしていることを見るのではなく、治療後の経過までチェックするのです。たとえ必要な回数治療をこなしていても、そのほとんどの経過が悪ければ、資格を更新することは難しいでしょう。
さらに学会内での研究、研修に参加していることも必須条件であり、新たな知識を取り入れ続けることも求められます。つまり、認定医や指導医の資格をしっかり更新できている歯科医師は、実績を積んでいることはもちろんのこと、勉強も継続して行なっている歯科医師であるということなのです。
厳しい条件と厳しいチェックをクリアして初めて取得・更新できる資格ですので、十分に歯科医師選びの目安になるといえます。実績が十分でなかったり、知識が浅かったりする歯科医師の治療を受けるのは不安だという方は、専門医や認定医であるかどうか確認してみるといいでしょう。

しかし、インプラントに関する資格をもっていなくても優秀な歯医者は存在していますので、あくまでひとつの目安程度に考えた方が良いかもしれません。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP