ガムで外れた?歯のかぶせもの・クラウンとは?|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ガムで外れた?歯のかぶせもの・クラウンとは?

「クラウン」というとあまりなじみのない言葉に聞こえますが、銀歯なども含めた「かぶせもの」と説明を加えると、分かりやすくなるかと思われます。このクラウン、せっかくお金を払って治療したのに、ガムやキャラメルを食べていたら取れてしまった!という話をよく聞きます。

クラウンが外れてしまう原因、そして耐久年数はどうなっているのでしょう?そもそも、銀歯以外のクラウンは何でできているの?どうしてクラウンをかぶせるの?などなど、謎は尽きません。

そんなクラウンのあれこれを分かりやすく説明。皆さんのお役にたてれば幸いです。

クラウンってどんな意味なんだろう?

英語では王冠の意味を指す、クラウン(crown)という言葉。この意味が転じて、歯へのかぶせものを指す言葉になりました。ただし、歯医者さんによっては詰めもの(インレーと呼びます)や差し歯を含めての総称とする場合もあります。

どんな場合にクラウンをかぶせるの?

根管治療などで大きく歯を削る場合

根管治療、もしくは根管治療でなくとも大きく歯を削った場合、その部分を補うためにクラウンをかぶせます。

例えば虫歯がひどくなり、菌が神経まで達してしまった場合、かつてはその歯を抜いてしまっていました。しかし、その歯がなくなることで歯全体のかみ合わせが悪くなる場合があります。それを防ぐため、その歯を残せないかと考えられたのが、根管治療です。

流れを簡潔に記すと、その神経を取り除き、その部分を洗浄・殺菌してから、ガッタパーチャーと呼ばれる天然ゴム製の充塡(じゅうてん)剤をすき間なく詰め、菌の繁殖するすき間をなくします。そして、その上にクラウンをかぶせます。

この時にしっかり除菌をしていないと、再び歯の根元が炎症を起こす、膿(うみ)がたまるなどが起こり、クラウンを外し再治療となってしまいます。

また、歯の削った部分が少なければ、インレーで済む場合があります。ただし削った部分が大きければ、かみしめなどによって弱くなってしまった歯が折れてしまうことを避けるため、クラウンをかぶせるのです。神経を抜き栄養のいきわたらなくなった歯は折れやすくなるからです。

削った部分をクラウンで補うことによって、元の歯を生かし抜歯せずに、歯全体のかみ合わせを守っていくのです。

従来のように抜歯した場合、その箇所へ入れ歯(ブリッジなどと呼びます)や差し歯を施しても、天然の歯よりもかみごたえがもの足りず、食事の際に違和感を覚えることもあります。そういったことも含め、抜歯はさまざまな影響が生じることがあるのです。

見た目を美しくする場合

前歯が黒ずんでしまう、または出っ歯・すきっ歯などの場合に、外見の美しさを求める観点からクラウンをかぶせるケースもあります。その際は、厚みのあるクラウンをしっかりとかぶせるため、歯の表面を多く削ります。

健康な天然の歯を削るのです。骨などと違い、削った歯は2度と元には戻りませんので、相当な検討をしてから決断すべきだと思われます。

クラウンは何でできているの?

クラウンはその素材により、呼び方も変わってきます。以下、ご紹介します。

メタルクラウン

一昔前まで多く使われた「銀歯」と呼ばれるものです。保険が適用され治療費がリーズナブルになるため、今でもよく用いられます。実際には純銀ではなく、銀・金・パラジウム・銅などでできた歯科用金銀パラジウム合金で加工されています。

かつては水銀などの含まれた歯科用アマルガムで多くの銀歯が加工されました。現在の日本でも、これを使ってはならないという罰則はありません。ただし、すでに多くの歯医者さんではアマルガムによる加工をしていないようです。メタルクラウンを施す場合は、念のため歯医者さんにこの点を確認するといいでしょう。

ゴールドクラウン

金属の中でも金を原材料とするものを指します。保険の適用されない自由診療となります。

オールセラミッククラウン

瀬戸物などにも使われる人工の石材・セラミックによって作られたものです。歯の色に近く、強度もあり、現在では一般的に使われています。また、表面はセラミック・内側をリーズナブルな金属で加工したメタルボンドクラウンもあります。ただし、いずれも自由診療となります。

そこで、歯科用プラスチックであるレジンを混ぜた、ハイブリッドセラミッククラウンを用いることがあります。前歯から数えて4・5番目の第一・第二小臼歯と、条件付きで6・7番目の第一・第二大臼歯で保険が適用されます。

また表面はレジン、内側は強度のある金属を用いた硬質レジン前装冠もあり、こちらも犬歯から犬歯の間の前歯において保険が適用されます。

ジルコニアクラウン

セラミックよりも固く、人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアを素材に用いています。人工によって作られた石材というと分かりやすいでしょうか?包丁などにも使われるほどの強度があります。

ただし、歯の色に近くないため、表面はセラミック・内側はジルコニアで作られるジルコニアセラミッククラウンなども用いられます。また、オールジルコニアの場合は歯の色が気になりにくい奥歯に使われることが多いようです。いずれも自由診療となります。

クラウンの耐久年数はどのくらい?

調べてみると、セラミックの場合では7年から長くても10年くらいとしている歯医者さんが多いようです。セラミック自体は固く、破損しにくい素材です。セミラックは瀬戸物にも使われるほどの強度があります。

瀬戸物といえば、江戸時代に作られた瀬戸物が割れていない状態で発見されることも多くあります。このころの瀬戸物も、現在のセラミックとおよそ同じ強度を持つ石などが原材料で使われており…。そのように固い物が7年で破損するとはどういうことなのでしょうか?

破損の原因としては、歯ぎしりや食いしばりなどの癖が考えられます。これらは奥歯など一部の歯に相当な力が加わります。100kg以上の力が加わるのだとする歯医者さんも多くいます。これだけの大きな力が随時加わっていると、破損にいたることがあるのです。

クラウンが外れる原因

ガムやキャラメルなどがきっかけでクラウンが外れることがありますが、それ自体が原因ではないようです。どのような原因で外れてしまうのでしょうか…?

接着に使っているセメントの劣化

歯とクラウンは、セメントなどを使った接着剤により固定されています。このセメントが年月を経ると劣化し、粘着力が弱くなります。

歯が虫歯になっている

クラウンの下にある歯が虫歯になり、歯が溶けてやせてしまうと外れやすくなります。

医師の技量

虫歯になった部分をしっかり削り取り、なっていない部分は無駄に削らない。菌が再び繁殖しないよう、すき間をなくす。セメントがしっかり接着するよう、歯とクラウンの接する面積をなるべく大きく取る。クラウンをはめ込む際、だ液などが入らないよう気をつける。医師の技量により、これらの一つでも甘くなってしまうとクラウンは外れやすくなるようです。

まとめ

抜歯を避ける意味合いでも大切な、クラウン。これが一度外れてしまった場合、菌の繁殖への兼ね合いなどもあり、そのクラウンを再び使うことは難しいケースも多いようです。

したがって、一度かぶせたら二度と外れてしまわないよう、しっかり歯医者さんと事前にチェックをしましょう。逆に、数十年を経ても外れず、破損しないケースも多くあるようです。

長持ちするポイントも、医師と確認したいものですね。

  • 監修医小久保 和彦
  • インプラント・再生医療HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療HD.CLINIC 八幡木歯科医院
詳細はこちら

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。
扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。
あらゆる可能性から、あなたにあった治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング