銀歯を白い歯にしたい!銀歯を治すにはセラミックがおすすめ kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

銀歯を白い歯にしたい!銀歯を治すにはセラミックがおすすめ

虫歯などで歯を削ったさい、それを補うために詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を入れます。このとき、保険適用内で治療をしようとすると、プラスチックか銀歯という選択肢しかありません。強度が高いのは銀歯なのですが、目立つので見た目がそれほど良くありませんよね。そこでおすすめなのが、セラミック義歯です。ここではセラミック義歯の費用や強度、虫歯への抵抗性などについて解説します。

銀歯を白い歯にするなら、セラミック義歯に入れ変える

銀歯とセラミック義歯では、まず費用の面で顕著な違いが現れてきます。銀歯の方が確実に安く仕上がるのですが、これは材料費自体が安いというだけでなく、保険適用の有無が関係しているようです。虫歯治療を保険で受ける場合は、治療する部位によっても変わってきますが、基本的に使用できる材料が限られています。特に奥歯に義歯を入れる場合は、銀歯となることがほとんどです。銀歯というのは、銀を始めとしたいくつかの金属が組み合わさった合金です。ですから、材料としては比較的安くなるのです。

一方、セラミック義歯に使われるセラミックは、銀合金と比較すると高くなりますので、保険治療ではなかなか使用することが難しくなります。それがそのまま、銀歯とセラミック義歯の治療費の違いに現れてくるものとお考えください。

銀歯よりもセラミックの方が美しく、自然な噛み心地

銀歯の方が治療にかかる費用が少ないので、一見すると優れた治療法のように感じます。けれども、銀歯やセラミック義歯も医療の一種ですから、安ければ良いというわけでもありません。具体的には、銀歯とセラミック義歯では素材の強度が違ってきます。両者を比較すると、銀歯の方が強度が高いといえます。壊れにくいため、この点もまた銀歯の方が優れているように思えますが、義歯に求められるのは、天然歯との調和です。

確かに金属製の銀歯は、硬いものを噛んでもそう簡単委は壊れません。毎日の咀嚼運動で摩耗する量も少ないようです。けれども、歯というのは上と下で一対となっているものですから、どちら一方が硬すぎると、もう片方が削れていってしまうのです。いわゆる歯の摩耗や咬耗と呼ばれる状態ですね。そのため、金属製の歯である銀歯は、少し強度が高すぎるといえます。一方、セラミック義歯は銀歯と比べると、天然の歯にかなり近い強度を備えていますので、他の歯に迷惑をかけることが少なくなるようです。

銀歯よりもセラミックの方が虫歯になりにくい

銀歯とセラミック義歯の違いでかなり重要な点に、虫歯のなりやすさというものがあります。この2つの義歯では、セラミックの方が虫歯になりにくいといえます。なぜならセラミック義歯は、歯垢や歯石などが金属と比べてつきにくいためです。また、銀歯は金属アレルギーを起こしたり、金属の成分が歯茎に溶け出したりすることで、口腔内の軟組織を変色させることもあります。時には歯茎に炎症が起こりますので、口腔内の免疫力が下がり、虫歯や歯周病を誘発することもあり得るそうです。ですから、銀歯よりもセラミック義歯の方が虫歯などをお口の病気を引き起こしにくいといえます。

ただし、どちらも人工の歯ではありますが、天然の歯と同様にきちんとブラッシングする必要があるようです。金属だから、もしくはセラミックだからといって、ブラッシングを怠ると、そこに蓄積した歯垢や歯石から、他の歯へと細菌が移動することもあるからです。特に歯周病に関しては、銀歯やセラミック義歯を装着している部位に直接発症しますので、さらに注意が必要といえます。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP