インプラント治療で後悔しないために、体験談からリスクを事前確認しておこう kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラント治療で後悔しないために、体験談からリスクを事前確認しておこう

インプラントは自歯のように自然な見た目と快適性を併せ持っており、歯を失った方にとって大きな希望となる画期的な歯科治療です。インプラント治療は高度な技術を必要とするため、治療後にトラブルが発生して後悔してしまうこともあるようです。

ここでは実際にあったトラブルや体験談を紹介していきます。

実際に合ったトラブルの事例と対策

歯科治療の研究は年々進んでおり、インプラントの技術も高まっていますが、稀にトラブルが生じて後悔してしまうこともあります。実際起こったトラブルの事例と、対策を調べてみました。

インプラントと骨が結合しない

インプラントをあごの骨に挿入した後に、骨の修復機構が正常に機能せず、インプラントと骨が結合しないことがあります。骨が硬い方や、煙草を吸う方にやや多くみられる傾向があります。

対策

化膿がなく、ぐらつきがある程度であれば、時間の経過と共に結合する可能性があります。
また、完全にインプラントが抜け落ちた場合には、より太いインプラントを挿入または少し深めに埋入することで結合するというケースもあります。万が一生体と材料が合わない場合は、被害を小さくするため早期の段階で治療方針を変更することが大切です。

インプラントが取れた・ぐらつく

骨密度が低い場合や骨が硬い場合、骨の中に雑菌が残っていた場合には十分に結合せず、術後すぐにインプラントが取れてしまうことがあります。

また、人工歯根と人工歯を連結してくれる「アバットメント」というパーツがあるのですが、これと人工歯を連結するねじが緩んでいる場合はこのようなトラブルが発生します。この場合はインプラントの上のかぶせ物だけがゆるみますので、インプラント自体は大丈夫です。

対策

インプラントが早期に取れてしまった場合は、骨が治るのを待った後に再び挿入します。治った後の骨はより固く密度が高くなっているため、結合しやすくなって成功率が上昇します。

アバットメントと人工歯の連結部分のねじが緩んでいる場合は、ねじを締めなおすか部品を交換することで対応できます。

周辺の歯茎に腫れや痛みが長引く

インプラント治療を行うと体内に金属が入りますので、免疫機能が反応して腫れや痛みが発生します。このような症状は免疫応答が正常に機能している証拠であり、ほとんどの人に現れる症状ですのでそれほど心配する必要はありません。

しかし、体質によっては症状が長引くことがありますので、症状が落ち着かない場合は医師に相談しましょう。

対策

処方された薬を服用して、安静にしておくことが一番です。また、煙草を吸うと歯肉の修復に時間がかかるようになるので、症状が落ち着くまでは煙草を控えた方が良いでしょう。糖尿病などの生活習慣病がある場合も治りが遅くなりますので、術前に医師と相談しましょう。

インプラント周囲炎になる

天然歯と同様に、オーラルケアが不十分だった場合には歯周炎の症状が発生します。インプラントの歯周病のことをインプラント歯周炎といいます。インプラント歯周炎になった場合は、咀嚼(そしゃく)の際に痛みを感じたり、ぐらついたりするようになります。

対策

インプラントは審美性に優れており、噛み心地も快適なメリットの多い治療方法ですが、その一方で管理が難しいという一面があることを知っておく必要があります。特別な歯磨きの方法を身につけ、毎日しっかりオーラルケアを行うようにしましょう。

調べてみた結果、このようなトラブルの事例があることが分かりました。インプラント周囲炎などのトラブルは自分のケア次第で防げますので、天然歯以上に最新の注意を払ったケアをしていこうと思います。

また、質の高い治療を行っている歯科医院を選ぶということも重要だと感じました。

失敗の体験談まとめ

考えられるトラブルを紹介しましたが、ここではより詳しい内容を知るため、実際にトラブルが発生してしまった患者の体験談をまとめてみました。体験談を見て感じた所感も書き添えていますので、参考にしてください。

体験談①

インプラント治療をしてから1年後くらいに、インプラントにした部分に痛みを感じ始め、さらにしばらくして膿まで出てくるようになってしまいました。
手術した医院とは別の歯医者で診察してもらったところ、インプラント部分の歯茎が炎症を起こしているということでした。インプラントにした犬歯は特に力のかかる歯なんだそうですが、その力に耐えるだけのインプラントが入っていなかったのが原因でした。
話を聞くと再治療できるということだったので、増骨手術を行い再びインプラントを入れることにしました。治療には時間がかかりましたが、現在は完璧に治ってほっとしています。
これからインプラント治療を行う方には、いろんな病院の情報を集めて、実際に何件か直接お話をした上で信頼してから手術していただきたいと思います。セカンド・オピニオンは大切です!
引用:http://xn--eckvdxb1d3bc3247elch.com/examples/example_failure.html

所感

やはり歯科医院によって、知識や技術に差があるようです。色んな歯科医院の情報をしっかり収集して、設備の整った本当に信頼できるところを見つけるのが大切ですね。

体験談②

インプラントの手術をし、顎の骨を削り芯を入れた段階で顎に痺れが生じ、結局芯を取りインプラントは中止になりました。歯科医はレントゲンを見せて「大きな神経には触ってないから大丈夫」と言ってくれたものの、二年経ってもジンジンとした痺れ感が治りません。
CTとかも撮らずレントゲンだけで神経に影響していないかと断言できるのか疑問です。まだ20代なのに今後も痺れが続くなんて耐えれません。
引用:http://www2.ha-channel-88.com/soudann/soudann-00006446.html

所感

歯科医院の中には必要な過程を飛ばしたり、設備が整っていないところもあるようです。この方の場合は、CTなどを使って事前の精密検査ができなかったようですね。事前の検査が徹底している歯科医院の方が安心できそうです。

体験談③

2本の歯のインプラント治療を受けました。手術をした後、インプラントのまわりが腫れて痛いので、ほかのクリニックでの診察を受けました。すると、インプラントを入れた位置の骨が不足していて、しかも2本のインプラントの位置が近すぎて骨が溶けてしまっていたんです。骨の周りに血液がまわらず、腫れと痛みの原因になったようでした。
結局、歯茎が回復したあとに、ブリッジをつくることになってしまいました。事前にちゃんと検査をしてくれるところを選べばよかったです。
引用:http://www.nofear-imp.net/episode/failure_episode.html

所感

やはりこちらのトラブルも、事前の検査が不足していることによって起こっているようです。いかに精密検査が充実しているクリニックを見つけるかが、トラブルを防ぐキーポイントになりそうです。

実際の体験談を見て、もしも自分にこのようなトラブルが発生したらと考えてゾッとしてしまいました。大金を支払って、腫れや痛みに悩まされた上に失敗してしまったら後悔してもしきれません。

トラブルの多くは事前の検査が不足していることが原因だったので、歯科医院選びの際には精密検査の充実度で比較しようと思います。

保証について

歯科技術は年々高まっており、インプラントの成功率は高まってきています。

しかし、体の中に異物を挿入するインプラント治療は非常に難易度が高く、成功率が100%というわけにはなかなかいかないようです。万が一のトラブルが発生した場合の備えとして、治療後の保証について調べてみました。

インプラント治療の保証とは?

インプラント治療の保証とは、定められた保証期間内にトラブルが発生した場合に、歯科医院もしくは歯科医院と提携している保証会社が再手術・再修復に必要な費用を負担してくれるというものです。
補償内容を確認することで、トラブルが発生した際に歯科医院がどのような対応をしてくれるのかを知ることができます。

チェックしたいポイント

インプラント治療は自由診療ですので、保証の内容を歯科医院が自由に設定することができます
。そのため、歯科医院によって保証の内容に違いがありますので、どのような補償内容になっているのかをしっかり確認する必要があります。

ここではより良い保証を見極めるためのチェックポイントを紹介します。

保証対象となる部品

部品に不具合が生じたり、「割れる」「欠ける」「抜ける」といったトラブルが発生した際には保証が適用されることが多いです。どの部品が保証の対象で、どの部品が保証の対象外なのかを確認しておく必要があります。

また、患者自身が部品を選択した場合は、保証対象外の場合もありますので注意が必要です。

自己負担する費用があるか

トラブルが発生して、再手術・再修復を行う際に保証されない費用がある場合もあります。自己負担するのはどのような部分か、またどのくらいの金額になるのかなどを確認しておきましょう。

保証に加入する費用がかかるか

治療費に保証の加入に必要な費用が含まれている無償保証と、別料金でオプションとして保証を追加する有償保証の2つがあります。有償保証の場合はどれくらいの料金になるのかを確認しましょう。

保証が開始されるタイミング

インプラントをあごの骨に埋め込んでから保証期間に入るのか、インプラントとあごの骨が結合して最終的な人工歯の装着後から保証が適用されるかを確認しましょう。
インプラントをあごの骨に埋め込んだところから保証期間に入るもののほうが安心です。

保証年数

保証年数が長ければ長いほど、安心して使い続けることができます。

また、保証年数は歯科医院の自信の表れでもありますので、保証年数が長い歯科医院は確かな技術を持っていることが多いです。インプラント本体と、人工歯やアバットメントなどそれぞれで保証年数が違うこともありますので、各々の保証年数を確認しておくとよいでしょう。

保証の対象外となるケース

トラブルが発生した理由によっては、保証の対象外となる可能性があります。交通事故によってインプラントが破損した場合や保証対象外の歯科医院で治療を受けた場合、歯科医院の指示に従わなかった場合などトラブルが発生しても保証が適用されないことがあります。

このような点をチェックして、より保証が充実していると感じるところで治療を受けるようにしましょう。

おすすめの歯科医院

歯科医院によって保証の内容がバラバラで、なかなか満足できる保証内容の歯科医院が見つからないということもあります。
私が調べた中では、ガイデントという保証会社による審査をクリアしている「ガイデント認定歯科医療機関」がおすすめです。ここでガイデントのインプラント10年保証システムについて紹介します。

ガイデントの保証システムについて

ガイデントは治療年数、治療件数、治療実績、所属学会など90以上におよぶ審査項目で厳しく歯科医院を審査し、一定水準以上の治療品質の歯科医院のみガイデント認定歯科医療機関として、「インプラント10年保証システム」の保証書を交付しています。では、ガイデントの10年保証のメリットとはどのようなものなのかを見ていきましょう。

10年間の長期保証

歯科医院によっては、2~5年など短い期間しか保証しないというところもあります。治療後に歯並びが変わるなどしてトラブルが発生することもありますので、ガイデントの10年保証は長期間の安心を得られる優れた保証です。

事故での破損にも対応

レジャーやスポーツといった偶発的な事故による破損は保証の対象外としている歯科医院が多い中、日常生活で起こった事故での破損も保証の対象となっており、様々な事態に幅広く対応してくれます。

引っ越しをしても転院がスムーズ

ガイデント認定歯科医療機関で治療を受けると、インプラント10年保証の保証書を受け取ることができます。ガイデント認定歯科医療機関は全国各地に存在していますので、治療中に引越しをすることになった場合でも、引っ越し先にあるガイデント認定歯科医療機関に行けば保証書が有効となり、転院をスムーズに行うことができます。

第三者による公正で透明な保証制度

各々の歯科医院による保証だと、トラブルが起きても歯科医院による審査で保証の費用が支払われないことがあります。ガイデントのインプラント10年保証は、中立な第三者の保証期間による公平な審査が行われます。

歯科医院が廃院しても保証が継続する

治療を受けた歯科医院が、保証期間内に廃院してしまう可能性があります。その場合には、ガイデントが他の認定歯科医療機関を紹介してくれますの、保証を継続させることができます。

手軽に探せる

数多くの歯科医院がある中、高品質な治療と充実した保証がある歯科医院を見つけるのは大変な作業です。ガイデント認定歯科医療機関はホームページから手軽に検索して見つけることができます。

ガイデントの厳しい審査項目をクリアして認定された、治療の品質と保証の充実度を兼ね備えた歯科医院が手軽に見つかります。実際に探してみたい方は下記URLからアクセスしてください。
引用:http://www.guidedent.net/

どれだけ優れた技術と設備がある歯科医院でも、失敗のリスクはつきものです。大切なのはトラブルが発生した時にどのような対応をしてもらえるかということが分かりました。私は保証内容が充実していて、治療の品質も期待できるガイデント認定歯科医療機関で治療を受けようと思いました。

歯科医院と保証をしっかり選ぶことが大切

体に異物を入れるインプラントはリスクの高い治療方法で、トラブルが発生した際には大きな苦痛とストレスがあるということが分かりました。

しかし、治療が成功して得られるメリットは非常に大きいので、信頼できる技術と知識と設備があり、誠実な態度で治療に臨む歯科医院を見つけるということが何よりも大切だと感じています。

また、トラブルの原因は患者自身のオーラルケア不足という面もありますので、良い面だけでなく管理の難しさなども踏まえた上で治療を行いたいと思います。

また、万が一のトラブルが起こっても大丈夫なように、保証の充実度をチェックすることも大切ですね。インプラント治療を受けてから後悔しないよう信頼できる歯科医院を見極め、充実した保証で安心した日々を過ごしましょう。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP