インプラントにもリスクやトラブルがあることを知っていますか? kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントにもリスクやトラブルがあることを知っていますか?

インプラントは良い治療方法ですが、どんなデメリットがあるか知っていますか?どんなに優れている治療でも、リスクがあったり、トラブルが起きてしまったりすることがあります。知らないと怖いこともあるはずです。メリットだけでなく、デメリットも確認しましょう。

知っておきたい!インプラントのデメリット

インプラント治療は、失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯を入れる治療方法になります。見た目が自然で、ほかの歯への影響もないため、メリットの方が多い優れた治療法です。

では、インプラントのデメリットについて知っていることはありますか?インプラントは、メリットばかりが取り上げられているように感じます。どんなに優れた治療方法にも、デメリットがあることをしっかり把握しておくことが大切です。ここでは、インプラント治療を受ける際のデメリット、起こり得るトラブルを紹介します。

インプラントのリスク

リスク1 外科手術が必要

入れ歯や差し歯、ブリッジなどの治療方法とは異なり、インプラント外科手術が必要になります。この手術は場合によっては腫れや痛み、内出血などといったリスクが起こることがあるそうです。

対処法

サージカルガイドを作成し、リスクを防止します。サージカルガイドとは、英語で外科手術の案内という意味。サージカルガイドを使って正確な手術を行なうことで、歯肉を剥離することなく腫れや痛みといったリスクを軽減して、従来の手術より短時間でできます。

リスク2 全てのインプラントが骨と結合するわけではない

インプラント治療は、アゴの骨の中にインプラントを入れた後、アゴの骨としっかりと結合することで自分の歯のようになり、物を噛むことが出来るようになります。

ですが、ごく稀にインプラントとアゴの骨が上手く結合出来ず、グラグラと動いてしまうことがあるようです。原因は、悪い状態の歯を長い間放置したこと。この場合、抜歯しても歯の周りの骨が元に戻りにくくなっている為、結合出来ないのです。

対処法

とにかく虫歯を放置しない。それだけでも、このリスクを防ぐことに繋がります。また、インプラントを行なう際は、人口の骨や自分の骨を移植してインプラントをする方法もあるようです。

リスク3 重度の糖尿病や骨粗鬆症の方は出来ない

インプラント治療は、全ての人に有効的な治療ではありません。重い糖尿病の人や骨粗鬆症の人はインプラント治療を行なってもアゴの骨とインプラントが結合しない可能性がありますし、治療が終わっても歯茎や骨などが治りにくい可能性があるようです。

対処法

このリスクを回避するには、担当医師に相談し、インプラント治療が可能なのかという判断をしてもらうことです。糖尿病の場合は、HbA1cの値が手術に耐えられる数値まで(HbA1c.7以下)下がっているかが重要になります。

骨粗鬆症の場合は、一旦薬を止めても大丈夫な骨の固さや太さなのかということを相談し、検討して下さい。

リスク4 メンテナンスが必要

インプラントは、手術や治療が終わった後にも、定期的なメンテナンスを行なうために通院が必要。新しく入れた人工歯は虫歯になることはないのですが、自分の歯のように、歯石が付いてしまいます。

なので、メンテナンスを怠ると、歯石や細菌が付いたままの状態になり、歯茎が腫れる、膿が出る、グラグラするなどの症状が出るようです。また、最悪の場合はインプラント周囲炎になってインプラントが抜けてしまうこともあるので覚えておきましょう。

対処法

インプラントの周りに汚れが残らないような歯の磨き方を覚えて、丁寧にブラッシングするという習慣を身につけること。かかりつけの歯科医院で、定期的にメンテナンスを行なうことで歯周病になるリスクを防ぐことが出来ます。

インプラントを入れた後で起こり得るトラブルとは!?

トラブル1 手術時の血管や神経の損傷

誤って手術中に、血管や神経を傷つけてしまうトラブルがあるようです。口の中の血管を傷つけた場合は、大量出血に繋がりますし、神経を傷つけた場合には、麻痺や感覚異常などが合併症として出てくるようです。

対処法

CTスキャンを行ない、立体的に骨の形状を把握し正確に神経までの距離を計測することで、このトラブルを防止出来るようになっています。

トラブル2 上顎洞粘膜(じょうがくどうねんまく)の損傷・炎症

骨の量が少ない人に起こるトラブルです。上顎の奥歯を手術する場合、上顎洞粘膜を押し上げ、その部分にインプラントを埋め入れます。

ですが、その粘膜はとても薄いため破れやすく、また炎症なども起こしやすい組織のようです。その粘膜を傷つけてしまうと手術の中止、インプラントが上顎洞内へ脱落、上顎洞の感染症がトラブルとしてあげられます。

対処法

このトラブルを完全に防止する手術法は今のところ無いようです。担当医師としっかりと相談して、骨の量が十分にあるか確認し、判断してもらった方が良いと思います。

トラブル3 手術後の感染

手術後、細菌感染などを起こして異常に腫れている時は、抗生剤などの薬の追加投与をします。また場合によっては、インプラント自体の除去が必要になることも。

対処法

手術後の感染トラブルを減らすには、手術をする際、清潔な環境で行なうことです。特に、抜歯したその日にインプラントを入れる場合は、細菌がたくさんいる環境で手術をすることが多いようなので注意しましょう。

自分で出来る対策として、治療室と手術室が分かれていて、手術室が完全滅菌クリーンルームの設備がある歯科医院を選ぶことをオススメします。

トラブル4 審美障害

インプラントの仕上がりは、その人の骨や歯の状態によって左右されるようです。良好な状態ではない時、本物の自分の歯と区別がつかないほど自然で綺麗な仕上がりは期待できません。

手術後の仕上がりイメージが、患者側と担当医師とで異なっているのに治療を進めるとトラブルに繋がります。

特にその治療箇所が前歯だった場合はかなり目立つので、審美性を取り戻すのに時間と努力が必要になるのでとても大変です。

対処法

歯肉は時間の経過とともに変化していきます。
なので、治療方法や手術後の仕上がりイメージなどについて担当医師としっかり話し合い、実際の仕上がり状態を模型上で見せてもらう等してトラブルを予防しましょう。

インプラントのメリットを知ろう

メリット1 周りの歯を削らない

ブリッジの場合、失ってしまった歯を補う為に、周りにある健康な歯を削らなければいけません。ですが、インプラントの場合は、周りにある健康な歯を削ること無く、綺麗な状態で保つことが出来るというメリットがあります。

メリット2 周りの歯の負担を軽減できる

上記で記載した通り、ブリッジの場合は、失ってしまった歯の周りにある健康な歯を削ることになります。

また、入れ歯の場合はバネをかける為、周りの歯に負担がかかります。
どちらの治療の場合も、負担がかかっている歯の寿命を短くしてしまいますが、インプラント治療は周りの歯の負担が軽減されているので、周りの健康な歯がグラグラ揺れたり、割れてしまうことを防ぐというメリットがあります。

メリット3 違和感なくかむことができる

アゴの骨にインプラントを結合させるので、自分の歯のような咀嚼(そしゃく)が可能というメリットがあります。
入れ歯やブリッジは、取り外しが出来る為、咀嚼力が落ちますしかなりの違和感もあります。

総入れ歯は、健康な自分の歯を100%として比べた場合30%程度の咀嚼力といわれているそうです。
部分入れ歯の場合は20~30%、ブリッジの場合は60%、インプラントの場合は天然の歯とほぼ同じ。
だから、違和感がなく噛むことが出来るんですね。これだけでも、大きいメリットです。

インプラントのメリット・デメリットを知って安心して治療を受けよう

インプラントのデメリットを知ると、怖いと感じる人もいるかもしれません。
ですが、インプラント治療は担当医師に不安を聞いてもらい、しっかりと説明を受けることで怖いという気持ちや不安を解消することが出来ます。

どんなに優れた治療や手術でも、初めてのことであれば怖いと感じたり不安になってしまうものです。その為にもメリットとデメリット両方を知ることが大切だと思います。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP