オールセラミックとは|オールセラミック義歯のメリットとデメリット kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

オールセラミックとは|オールセラミック義歯のメリットとデメリット

オールセラミックとは、その名の通りセラミック材料だけで作られている義歯のことを指します。汚れが付きにくく、天然の歯と同じくらいの透明感があり審美性に優れています。しかし、いいことばかりではなく、デメリットもあります。ここではオールセラミックについて詳しく解説します。

オールセラミックとは高い品質がゆえに費用が高い

セラミックとは陶器のことであり、汚れがつきにくく簡単には変色もしません。強度にも優れているため、毎日物を食べたりする歯を補うための材料としては最適といえます。

しかし、オールセラミック義歯のデメリットとして第一に挙げられるのは、費用の高さです。セラミック義歯にはいろいろな種類があるのですが、どれも原則的に保険が適用されません。そのため、全額自費診療となり費用が高額となることがほとんどです。特にオールセラミッククラウンであれば、セラミックだけを使用しているものになるので、料金が高くなる傾向にあります。

その他、ダイアモンドの代わり使われることもジルコニアを化合したジルコニアセラミックや、プラスチックでできたコンポジットレジンと化合したハイブリットセラミック、そして金属の表面にセラミックを焼き付けたメタルボンドなどあります。しかし、これらもいずれもオールセラミックと同様なくらいの金額になり、特にジルコニアセラミックはオールセラミックよりも高い場合があります。

オールセラミックとはやや柔らかいため銀歯よりも脆い

オールセラミックは天然の歯と同じように透明感があり、腕のいい歯科技工士が義歯を作れば、天然の歯と見分けがつかないほどの仕上がりを求めることが可能です。

しかし、オールセラミックはやや耐久性に不安があるところです。セラミックは陶器になり、純粋なセラミックで作製するオールセラミック義歯は何か衝撃があった場合に欠けてしまうというこも起こりかねないことです。強度だけで比べると、銀歯の方が高いといえます。しかし、歯は嚙みあわせによって成り立っており、どちらかの歯が硬すぎた場合は摩擦を起こし、天然の歯を削り、傷つけてしまう恐れがあるので、やや柔らかいセラミックの方が、やはりおすすめかと思います。

オールセラミックとは審美性に優れているがゆえに不自然にみえる場合も

先述している通り、オールセラミックは審美性に優れており、美しい仕上がりを期待することができます。しかしそれゆえに、義歯を装着する周りの天然の歯の色みを合わせないとセラミック義歯の美しさが不自然になってしまうということもあります。

セラミック義歯を作製する場合は、天然の歯の歯茎から2ミリの色を参考にして色を調整すると自然になるそうなので、義歯の白さばかりを追求するのではなく、天然の歯との調和も優先すべきと理解しておくとよいかと思います。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP