歯が白くなる方法|PMTC・ホワイトニング・歯のマニキュアの違い kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯が白くなる方法|PMTC・ホワイトニング・歯のマニキュアの違い

歯を白くしたい場合、手で行うブラッシングだけではなかなか白くすることはできません。そこで、審美歯科でPMTCやホワイトニングなどを行うと、手磨きでは落ちなかった着色汚れが落ち、きれいな歯にすることができます。しかしPMTCと歯のホワイトニングの違いはなんなのか、ここでは歯のマニキュアの説明もあわせて解説します。

歯が白くなる方法:審美歯科でPMTCを受ける

審美歯科で行う「PMTC」とは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングといって、専用の器具を使って歯を徹底的に洗浄することが目的の施術になります。歯石や歯周ポケットの汚れなどはなかな手磨きだけでは落とすことができないので、これらの処置を行うことで、虫歯の予防はもちろんのこと、歯周病対策にも非常に効果的です。

さまざまな器材を使用し汚れを落としていくことで、歯の本来の白さを取り戻すことが可能です。

歯が白くなる方法:審美歯科でホワイトニングを行う

歯を芸能人のように白くしたいのであれば、歯のホワイトニングがおすすめです。審美歯科で行うホワイトニングでは、歯に過酸化水素が含まれた薬剤を塗布し、歯のエナメル層を白くつくりかえていきます。そのため、歯を本来の色よりも白くすることが可能です。

具体的には、過酸化水素これらは高温になると酸素と水に分解されるのですが、その際に酸素が発生します。その酵素が歯のエナメル質の色素と結びつき、色素を無色透明に分解します。歯の表面のエナメル質を構成している成分はほとんどが無機質なのですが、わずかに有機質の部分があります。その有機質の部分を白くするのです。

歯が白くなる方法:歯のマニキュアをぬる

PMTCも歯のホワイトニングもどちらも手軽に行うことができる施術になりますが、さらに手軽なのが歯のマニキュアです。歯のマニキュアでは高濃度の薬剤を使用するのではなく、歯の表面に薄く白い塗料を塗ることで歯を美しく白くみせる方法になります。

通常歯のホワイトニングでは人工的に入れている被せ物や差し歯などは白くすることができないのですが、マニキュアであれば上から塗料を塗ることになるので白くすることができます。ただし効果が一時的になり、その日のうちに取れてしまうこともあります。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP