審美歯科とはどんな場所?審美歯科でできること kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

審美歯科とはどんな場所?審美歯科でできること

日本人はオーラルケアに対する意識が低いといわれていますが、近年の美容ブームに伴い、年々口元への美意識が高まっているようです。口元をキレイにするには審美歯科で目的に応じた施術を受けとより早く、歯をきれいにできます。しかし審美歯科とは、ふつうの歯医者とは何が違うのでしょうか。ここでは、審美歯科でできることについて解説したいと思います。

審美歯科とは、より口元の美しさを求めるために治療を行う場所

虫歯になった際にいく歯医者さんは一般歯科と呼ばれ、生活に支障がある歯を元の健康な歯に戻すための治療をすることが目的にしています。一方、審美歯科とは歯を美しくしたり、歯並びをきれいにしたり、歯や口内の見た目の美しさを引き出してくれる治療を専門としています。審美歯科で受ける治療のほとんどが保険適用外となるのですが、これは生活に支障があるわけではないのに、より美しさを求めるために行う治療であるため、保険の適用が認められていないと考えられます。

審美歯科とは歯を白くすることができる

歯をきれいにしたいと思い、審美歯科に来院される方の多くは、見た目にコンプレックス等があるケースがほとんどといえます。コーヒーやワインなどによって歯が着色、タバコの喫煙で歯の黄ばみが気になるといった場合は、ホワイトニング治療法が用意されています。

審美歯科で行うホワイトニングは、歯磨きだけでは落とせない着色汚れを落とし、白い歯にすることができます。具体的には高濃度の薬液を歯に塗布し、さらにレーザーなどを当てて薬剤の効果を高めます。これにより短期間で歯を白くすることが可能となっています。

審美歯科とは歯並びをキレイにすることができる

また審美歯科では、歯の方向が乱れていたり、歯と歯の間に隙間があるなどの場合に、歯並びを整えるための歯列矯正を行うことができます。歯列矯正とは特殊な装置を使い、歯を動かしていくことです。 

一般的なのは、歯の表面にブラケットという装置をつけ、そこにワイヤーを通すワイヤー矯正になります。すこし前まではこのブラケットとワイヤーが銀色の金属であったため、治療中はかなり目立ってしまったのですが、審美歯科では透明のブラケットとワイヤーが透明の目立たない矯正装置も登場しているようです。

審美歯科とは天然の歯と同様な歯を取り戻すことができる

虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって歯を失なってしまった場合、天然の歯と同じくらいの見た目と嚙む力を取り戻せる方法があります。それが審美歯科治療の一つである、インプラントです。インプラントとは歯の失われてしまった部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根(インプラント)を埋め込み、それを土台として、上に人工の歯を取り付けることで、安定した丈夫な人口歯を取り付けることができます。

上に取り付ける人口の歯の材料をセラミックという白くて透明感のあるものにすることで、見た目も美しい仕上がりになります。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP