歯茎が黒い原因|黒ずみは虫歯、金属、タバコのせい? kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯茎が黒い原因|黒ずみは虫歯、金属、タバコのせい?

お口の中の悩みで、歯茎の黒ずみというものがあります。歯の黒ずみや黄ばみなどと比べると、比較的珍しい症状に思えますが、いったいどういった理由で歯茎が黒くなってしまうのでしょうか。ここでは、歯茎が黒くなってしまう理由と、治療法について解説したいと思います。

歯茎が黒い原因:口の中の金属が歯茎を黒くする

歯茎が黒ずむ理由としてまず挙げておきたいのが、金属の色です。過去に歯科治療を受けて金属製の材料を歯に装着した経験がある方は、時間が経過するとともに歯茎が黒くなることがあります。

これは、クラウンのコアに使われている部分の金属が、少しずつ溶け出して、歯茎に染み込んでしまうために起こるようです。もちろん、クラウンのコアに限らずとも、溶解するような金属を装着している場合は、歯茎へと色素が染み込んでいくことがあります。

もしくは、銀歯そのものが溶けだしていることも考えられます。銀歯の表面は、絶えずいろいろな刺激に晒されていますので、その成分が溶解してもおかしくはないようです。その結果、歯茎が黒ずむという現象が起こります。

歯茎が黒い原因:歯周病や虫歯で歯茎が黒くなることがある

虫歯や歯周病が重症化していくと、歯茎が黒くなってしまうことがあります。これは虫歯が黒ずむ原理とは少し異なります。

虫歯や歯周病によって歯茎が黒ずむのは、多くの場合、歯茎の血行が悪くなるためです。歯茎には血管が沢山走っていますし、血流が良くなると赤く腫れあがります。これは歯周病の一般的な症状ですよね。虫歯や歯周病などが進行して、歯茎もかなり弱ってしまうと血流が悪くなってくるようです。すると、体の皮膚と同様に赤みを失い、場合によっては黒ずんで見えるようになるのです。

歯茎が黒い原因:タバコは歯茎にメラニン色素を沈着させる

喫煙習慣がある方で、歯茎の黒ずみに悩まされている方は、まずタバコが原因である可能性が非常に高いです。タバコのヤニは、いろいろなものに付着します。部屋の壁や天井はもちろんのこと、タバコの煙を吸った肺の中、そしてその入り口である口腔にもタバコのヤニは付着します。

そして意外に知られていないのが、歯茎への着色です。これは、タバコのヤニがそのまま付着するだけでなく、歯茎自体にメラニン色素を産生させるように働きかけるのです。メラニン色素は皮膚が日焼けした時に作られるものですが、タバコという刺激が加わった時も同様に反応して、歯茎が黒ずんでいくのです。それだけでなく、タバコは歯茎の血行を悪くもしますので、さらに色が黒ずんでいくこととなるようです。

歯茎の黒ずみを治すには?

審美歯科では、歯茎の黒ずみを治す方法として、歯肉ホワイトニングという治療を用意してくれています。歯肉にメラニン色素を落とすような薬剤を塗布して黒ずみを改善する治療法です。タバコなどが原因で歯茎にメラニン色素が沈着している方には、非常に効果のある方法といえます。口の中の金属が原因で歯茎が黒ずんでいる場合は、別の歯科材料に入れ替えることで、歯茎の黒ずみを解消することができるようです。しかし、虫歯や歯周病が原因である場合は、審美歯科ではなくまずは一般歯科で、病気そのものを治す必要があるようです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP