インプラントができない、しない方がいい場合とは? | kiki DENTAL

EDITOR COLUMN 編集部コラム

インプラントができない、しない方がいい場合とは?

さまざまな角度から検討した末にインプラント治療を決めても、残念ながら歯科医院から手術ができないといわれることもあるようです。インプラントができないと診断される理由はいくつかありますが、実際にどういった人がインプラントができないといわれてしまうのか、紹介します。

インプラント治療のメカニズム

インプラント治療ができるかどうかを考えるのには、まずどのような方法で治療が行われるのかを押さえておく必要があります。

インプラントは「チタン」という医療用金属として使われる、身体への馴染みがとても良い素材を埋め込みます。顎の骨にインプラントを埋め込むと、周りの骨がチタンを取り込むように結合していきます。歯は抜けていても支えていた顎の骨の中に、支柱となるインプラントを埋めることで人工歯を装着できます。

インプラント治療ができない場合とは

歯を含めて健康状態は人によってさまざまです。一見すると元気そうな人でも、体質や持病、歯の状態によってインプラント治療ができないと診断されることがあるようです。具体的には次の5つの要因が大きな割合を占めているそうです。

歯の健康を守ろうという意欲が薄い

事故により歯が欠けてしまったケースは別として、インプラント治療を受けなければならなくなった人の多くは普段から歯みがきの習慣が身についていなかったり、虫歯や歯周病になりやすい食生活を送っていることが多く見受けられるそうです。毎日口の中を清潔に保つことはインプラント治療を行い人工歯にしたとしても、重要なポイントです。もし『インプラントさえしてもらえれば、面倒な歯みがきなんかしなくても大丈夫』と思っている人は、治療に対する目的がズレていると考えられるため、まずはインプラント治療を理解することを求められるかと思います。

虫歯や歯周病が進行している

虫歯と歯周病が発見、まずはこれらの治療を終えてからインプラント治療に進みます。また、歯周病が進んでいる場合は、骨の形成手術ができない場合もあるようです。

持病がある

インプラント手術は身体に負担が掛かります。とくに心疾患や高血圧、糖尿病や肝臓、腎臓、免疫疾患などはかかりつけの専門医と連携して治療が進められるかどうか診断されます。持病や既往歴があり服薬中の場合は、とくに慎重な検査や診察が行われるようです。

骨の状態がよくない

インプラントを埋め込む先の顎の骨が少なかったり、固定するには強度が足りなかったりしたときは、インプラントができない場合があります。しかし、近年「GBR法」を始め骨の再生方法の技術が進歩しているため、治療期間は掛かるもののインプラントを受けられるケースが増えているといわれています。

インプラントができない可能性が高い人の特徴

18歳以下である

18歳以下の方は、まだアゴの骨が成長途中です。成長途中のアゴの骨にインプラントを埋め込むとどうなってしまうかというと、アゴの成長とともにインプラントの位置がずれてしまうということが起きます。歯並びに影響が出るだけでなく、インプラントが脱落してしまう可能性が高いため、18歳以下の方はインプラント治療ができないのです。

妊娠中である

妊娠中の場合はできないというわけではないのですが、心身ともに心配がつもる時期であるため、外科手術の負担はかなり大きいと言えます。できるだけ余計なストレスを掛けない方がいいですし、焦って妊娠中に治療するよりは、出産後に落ち着いて治療を行なう方がいいでしょう。

アルコール依存症である

いかなる外科手術においても、アルコールは厳禁です。というのも、アルコールには血の巡りをよくする作用があり、血液中のアルコール濃度が高いと出血が止まりにくくなってしまうからです。アルコール依存症の方は、血液中のアルコール濃度が高くなっているので外科手術を行なうのは危険だというわけです。もちろん、禁酒をしてアルコール依存症を治療してからであれば、治療は可能になります。

金属アレルギーである

金属アレルギーの場合、どの金属にアレルギーを持っているかが重要になります。インプラントは、金属アレルギーが出にくいチタンという素材を使用して作られています。ですが、もしチタンにアレルギーを持っているのであれば、インプラント治療は難しいでしょう。事前にチタンアレルギーを持っていないか確認しておくといいです。

噛み合わせに問題がある

噛み合わせが悪いことで何が問題になるかと言うと、インプラントに無理な力が加わってしまう可能性があるということです。噛み合わせによっては、どこか一か所に集中して力が加わってしまうことがあり、それがインプラントを埋める場所であると破損に繋がるのです。歯列矯正を行なって、噛み合わせを整えてからインプラントに臨むのがおすすめです。

歯が抜けてから長期間が経過している

歯は移動するものです。今まで生えていた歯が抜けて隙間ができると、隣接していた歯がその隙間を埋めようと動きはじめます。つまり、歯がない状態のまま放置することで残った歯が動き、できた隙間はだんだんと狭くなっていくというわけです。放置期間が長いほど隙間は狭くなっていくので、インプラントが入るだけの隙間がなくなっている可能性があるのです。

インプラント治療をしなくてもよい場合とは

現状、入れ歯やブリッジを使っていて使用感に問題がない人は、改めてインプラントにする必要はないと考えられます。治療をする上で、顎の骨を削る必要があったり、他の歯への負担が変わってしまったりする可能性も否定できない時も同様で、インプラント治療をしてもあまりメリットがありません。
さらに、保険が適用されない自費診療のためコストパフォーマンスも考えなければなりません。本当にインプラント治療が必要な状態なのかどうか、もし診断に心配を感じたのならセカンドオピニオンも活用しましょう。インプラントで得られるメリット・デメリットを見据えた上で決めることをおすすめします。

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。 扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。 あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

インプラントのある歯医者さん一覧

関連コラム検索

PICKUPピックアップ医院

PICKUPピックアップコラム