歯列矯正の種類|ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い | kiki DENTAL

EDITOR COLUMN 編集部コラム

歯列矯正の種類|ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

歯の矯正には様々な種類がありますが、歯の表面にブラケットをワイヤーで固定し歯に圧力をかけて少しずつ動かしていく「ワイヤー矯正」が主流でした。しかし、最近ではより目立たない「マウスピース」を用いた治療法も多く行われるようになっています。ここではそれぞれの種類について解説していきます。

歯列矯正の種類:もっとも一般的な矯正方法がワイヤー矯正

もっとも一般的な矯正歯科(歯列矯正)は「ワイヤー矯正」といい「ブラケット」といわれる小さなピースを歯にあててワイヤーでつなげて固定し、少しずつ力を加えて歯並びをよくしていく手法です。しかしこれは分かりやすい場所に矯正装置が付けるため、どうしても目立ってしまいます。

そこで、このブラケットを歯の裏側に付けて目立たなくした矯正方法が「リンガル矯正」が誕生しました。リンガル矯正とは歯の裏側にブラケットを取りつけて、矯正したい方向に歯を引っ張り動かします。歯の裏側を他人に見られることはほとんどないので、人目に付きにくく、バレずに歯の矯正を行える方法です。

歯列矯正の種類:より目立たないのがマウスピース矯正

「マウスピース矯正」はお手軽にできる歯の矯正方法といっても過言ではありません。なぜなら、自分の都合に合わせてマウスピースの脱着が可能だからです。しかし、これは裏を返せば装着しなければ矯正の意味がないため、装着のし忘れや、装着する時間が極端に短ければ、歯は矯正されるどころか少し動いた歯も元の位置に戻ってしまいます。そのため、家にいる間は食事を除いて就寝中もずっと装着していることが望ましいと言われています。

また、矯正用のマウスピースは、歯にぴったりと合った形状ではなく、歯を動かしたい方向へ導くために歯に圧力がかかるように作られているため、装着すると歯が締め付けられると感じる場合があるようです。しかしこれにより歯を動かし、歯が少し動けば次のよりタイトなマウスピースに変更して、目的の位置に動くまで矯正は続けられます。このため、マウスピースは、歯が動いてきた状態に合わせて都度作り替えていきます。

歯列矯正のメリットとデメリット

矯正歯科(歯列矯正)のメリットは、歯並びが良くなることから、顔の印象が良くなったり、噛み合わせも改善することから虫歯や歯周病予防になることです。また、噛み合わせがよくなることから物をしっかり噛めたり、顎の関節への負担が軽減され、顎関節症になる可能性や、消化器に与える悪影響を低くすることができる可能性があります。

デメリットは、ワイヤー矯正では見た目に影響してしまうことが挙げられます。また、ワイヤー矯正やリンガル矯正ではブラケットが接触している部分が虫歯になりやすくなってしまったり、マウスピース矯正ではマウスピースを装着していない時間は矯正ができず、治療期間が長期化する場合があります。

しかしどの矯正方法にも言えますが、矯正期間は最低数年と長い期間がかかるといわれていますので、予め理解しておくとよいかと思われます。また矯正歯科(歯列矯正)には保険がきかずに自由診療となるため、治療費が高額になります。また、矯正専門の歯科医がいることから、治療は歯医者の技量による部分も多いと言われています。

しっかりとカウンセリングを行い、どの矯正方法が合っているかをしっかりと把握して実施しないと失敗してしまう可能性があることも、デメリットかもしれません。

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。 扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。 あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

矯正歯科のある歯医者さん一覧

関連コラム検索

PICKUPピックアップ医院

PICKUPピックアップコラム