歯の矯正にかかる費用|治療費の総額、医療費控除について kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯の矯正にかかる費用|治療費の総額、医療費控除について

歯列矯正は、一部の例外を除いて自由診療ですので、治療費が高くなります。これは病気を治すためではなく、審美的な目的の、自由診療になるためです。では一般的に歯の矯正にはどれくらいの費用がかかるのか、解説します。

歯列矯正の治療費は保険適用外

歯列矯正の治療費は基本的に自由診療になります。自由診療と保険診療は患者の生活に必要な治療かそうでないかによって分けられます。例えば、歯を白くするために行う「ホワイトニング」などは、処置してもしなくても生活には直接影響はありませんよね。あくまで審美的な効果を得たいために行うので、自由診療とみなされます。一方、虫歯になったときに虫歯を削って銀歯やコンポジットレジンなどの詰め物を詰める治療は、虫歯を放置しておくとモノを噛めなくなり生活に影響が出てくるために、保険診療になっています。 また、保険診療は一般的であり、必要最低限の歯科治療に適用されます。矯正歯科(歯列矯正)は自由診療となっていますので、保険が効かずに高額となります。しかし、生活に著しい影響を及ぼすような症例に関しては矯正歯科(歯列矯正)でも保険診療になる場合があります。それは、「口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能」及び「外科的な治療が必要な顎変形症」で、先天的な異常や外科手術をともなう矯正歯科(歯列矯正)です。 これらの症状は治療しないと患者の身体に様々な悪影響を及ぼす可能性があるため、保険診療となっていますが、一般的な矯正歯科(歯列矯正)は自由診療です。

歯列矯正にかかる費用の総額はどれくらい?

矯正歯科は自由診療ですので、各歯科医院ごとに治療費が決めることができます。決して全国一律の値段ではないのです。矯正歯科は、治療費の安い「ワイヤー矯正」を例にとると、初診、検査、診断料、装置装着費用などが掛かります。また、これに加えて定期チェックの費用が掛かる病院もあったり、各院各様です。一般的な「ワイヤー矯正」は上顎と下顎を両方矯正した場合、これら諸費用を全てあわせて70万円前後であると言われています。 また、これは最低限の治療費で、ここから「ブラケット」を「プラスチック」に変更したり、「ワイヤー」を金属アレルギーが起こりにくいと言われている「チタン製」を用いたり、複雑で期間がかかる症例であったりすると、費用が足されていきます。裏側に「ブラケット」を付ける見えにくい矯正法である「リンガル矯正」は、この費用から5割程度高額になります。基本的に料金は歯科医院によって異なるので、矯正歯科(歯列矯正)を実施する前には、しっかりと料金を確認したいところです。

装置によっても値段が変わる

歯列矯正にかかる治療費は、使用する矯正器具や装置によっても審美歯科ごとで値段が異なります。人気の高い歯列矯正方法と治療費の相場について見てみましょう。

表側矯正:60~80万円

もっともポピュラーな歯列矯正で、歯の表面にワイヤーとブラケットを装着して歯の位置を調整します。他の施術と比較すると、比較的安価な治療費で行うことができます。やや広がっている隙間も、この方法で矯正することができます。

裏側矯正:100~150万円

ブラケットとワイヤーの装置を歯の裏側に装着して行う歯列矯正です。表側に器具が露出しないので、目立たない矯正としても人気ですが、表側からの矯正と比較すると技術難易度が高いので、施術にかかる治療費が高くなります。

マウスピース矯正:50万~100万

透明なマウスピースを装着して、徐々に歯の位置を調整する方法です。現在の歯並びから、理想の歯並びまでの形状に近づけていく微調整を重ねた透明マウスピースを複数作って始めます。上部分だけなどの一部治療が可能ですが、大きなずれには不向きです。

歯列矯正にかかった費用は医療費控除の対象になる

矯正歯科(歯列矯正)にかかった費用は、医療費控除の対象になる場合もあれば、医療費控除の対象にならない場合もあります。医療費控除の対象になる場合とならない場合の基準は、矯正歯科(歯列矯正)が必要と認められるか認められないかです。 例えば、歯並びが悪く見た目が悪いので歯の矯正をした場合は、審美的な理由ですので認められません。しかし、歯並びが悪く噛み合わせが悪いため、咀嚼に影響が出たり顎関節症になったりして、その障害を改善するためであると認められる場合は、医療費控除の対象になります。ですので、歯の矯正を行い、その治療費が医療費控除の対象になるかどうかは、しっかりと歯科医師に確認しておきたいところです。

負担を軽くする方法はある?

歯列矯正にかかる治療費は施術を受けるための費用だけでなく、メンテナンスの費用もかかります。なるべく節約して、治療費の負担を軽くする方法はあるのでしょうか。

2~3か所で見積りを取る

審美のための歯列矯正は、治療費が歯科によって大きく異なります。そのため、節約効果を考えるのであれば1か所で相談するのではなく、複数の歯科でカウンセリングと見積りの相談を行うようにすると良いでしょう。最初の見積もりから、施術回数が増えることで、金額が見積もりより高くなるケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

プチ矯正が可能か確認する

一般的な歯列矯正はかみ合わせの改善が目的ですが、簡単な症例での審美治療のみであれば、前歯のみなど一部分だけのプチ矯正が可能な場合があります。治療する範囲が小さいので、装置費用などの部分で治療費を抑えることができるかもしれません。カウンセリングや見積りの際に相談してみるのがオススメです。

費用を比較する際に気を付けること

治療する審美歯科を選ぶ際には、施術費用の節約効果だけでなく、トータルの治療費、治療の質や審美歯科の実績についても調べて比較することが重要です。 例えば、施術費用だけが安くても、施術内の経過撮影のスキャン費用、回数が増えたときの治療費、クリーニングなどのメンテナンス料金などが別料金で、結果的に他の審美歯科のトータル治療費より高くなることもあります。トータルの費用や治療費の内訳を確認しておくようにしましょう。 歯列矯正の治療費が安くても、かみ合わせや口内環境の健康状態についての処置や対処がおざなりになることが考えられます。施術を行う審美歯科の実績や口コミをよく確認したうえで、カウンセリングや見積り相談から始めてみるようにしましょう。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP