セラミック義歯の種類|症状によって治療法が異なる kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

セラミック義歯の種類|症状によって治療法が異なる

一昔前は「銀歯」が用いられていました。しかし最近では銀歯の代わりにセラミックが代用され始めています。セラミックは非常に魅力的な歯科用素材ですが、保険診療になるのはごく一部の場合のみで、ほとんどの治療が自由診療になるので、治療費は高くなります。

セラミックが用いられるセラミック義歯治療とは?

セラミックが用いられる代表的なセラミック義歯の治療は、虫歯を削った後に埋め込む詰め物である、「インレー」です。また、歯の周囲を削って土台を作り、その土台の上にかぶせる被せ物であるクラウンなどにも使用します。

最近では銀歯は「金属アレルギーの」原因であったり、銀歯と歯との間のすき間から虫歯になったり、見た目がどうしても嫌などの理由から銀歯は使われなくなりつつありますので、その代わりに用いられているのが、紫外線硬化樹脂である「コンポジットレジン」やセラミックといった素材です。また、セラミックは、「ラミネートベニア」と言われる、歯にうすいセラミックの板を張り付けることで歯を修復するとともに、歯の汚れなどを隠しできれいに見せます。

最も一般的なセラミック義歯であるセラミックインレー

「セラミックインレー」は最も一般的なセラミック義歯でしょう。虫歯になると、虫歯のう蝕部分を削り取って、その穴にピッタリとはまるセラミック製の補綴物をはめ込みます。セラミックは基本的に保険が効かないので、自由診療になりますが、保険診療には白い詰め物として紫外線硬化樹脂であるコンポジットレジンがありますが、コンポジットレジンは前歯等に用いる分にはいいのですが、強度が低いので奥歯など強い力がかかる部分には不向きです。奥歯に詰める白い詰め物としては、コンポジットレジンよりも強度の高いセラミック義歯の方が適していると言われています。

セラミック義歯の性能が最も発揮されるセラミッククラウン

セラミックの本領が最も発揮されるセラミック義歯が、この「セラミッククラウン」でしょう。この「クラウン」を銀歯で作った場合には、歯が丸まる一つ銀色に変わってしまいますが、セラミックで作成すると見た目も自然な歯と見分けがつかないようなきれいなクラウンに仕上がります。クラウンにも様々なタイプがあり、セラミックのみで作る「オールセラミック」や金属とセラミックを合わせて用いる「メタルボンドクラウン」などがあります。

これらのクラウンもそれぞれメリットとデメリットがあり、症状や口内の状況、予算などによって使い分けられます。最も見た目が自然であると言われているのが、オールセラミックです。しかし、これは強度的に少々乏しいので、この欠点を補うために強度を高めたクラウンが「ジルコニアオールセラミック」ですが、ジルコニアオールセラミックは見た目がオールセラミックよりも少々劣ってしまいます。また、見た目を追求するのであれば、歯並びの悪い歯を全て削って、全ての歯にオールセラミッククラウンをかぶせることで美しい歯のみではなく、美しい歯並びも作り出すことが可能です。

歯の壁紙ともいうべきラミネートベニア

「ラミネートベニア」とは、歯の表面にうすいセラミック製の「シェル」を貼り付ける治療です。歯の色をずっと白くしたい場合や、歯の形を変えたい場合などに行います。どうしても歯の黒さが気になる場合や、歯が欠けたなどという場合に用いられる方法です。

特によく用いられる症例は、子供のころ「テトラサイクリン」という抗生物質を服用したために、歯が黒ずんで縞模様ができている場合です。軽度であれば「ホワイトニング」でも白くさせることはできると言われていますが、重度になると色を取り除くことは難しいです。そこで、歯の表面を薄く削って、その上からラミネートベニアを行って白い歯を取り戻します。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP