セラミックの種類|ジルコニアで作るセラミック義歯とは | kiki DENTAL

EDITOR COLUMN 編集部コラム

セラミックの種類|ジルコニアで作るセラミック義歯とは

各種類の歯科用セラミック素材の中で強度に優れているのがこの「ジルコニア」です。ジルコニアは、その強度を活かしたメリットもありますが、逆にその強度によるデメリットもありますので、使用の際はこのメリットとデメリットをしっかりと理解しておきたいところです。

セラミック義歯の素材の一つであるジルコニアとはこういう材料

ジルコニアは、「二酸化ジルコニウム」粉末の焼結体です。二酸化ジルコニウムの結晶は屈折率が「ダイヤモンド」に近いため輝きがダイヤモンドに似ており、「キュービックジルコニア」と言い模造ダイヤとして装飾品に用いられています。ジルコニアは、小さな結晶である二酸化ジルコニウムの粉末を集めて焼き固めることでできます。

その強度は非常に高く、自然な歯よりも強く耐久性の高いセラミック義歯が出来上がります。ジルコニアの特徴として、色が白い上に適度に透明度を持っていることが挙げられます。適度な透明感を持っていますので、自然な歯のような見た目を持つセラミック義歯が出来上がります。また、ジルコニウムは金属ですが、金属酸化物として存在しているのでイオン化しにくいため体内に取り込まれにくく、「金属アレルギー」の原因にはなりにくいという特徴があります。

セラミックジルコニアが持つメリット

セラミックジルコニアのメリットは、その強度の高さにあります。ジルコニアよりも審美性に優れる素材の種類として、「酸化ケイ素」を用いたセラミック材料がありますが、この素材は見た目は現在自然な歯に近いと言われているほど見た目は自然な歯に近いですが、強度も自然の歯と同じ程度であるというデメリットもあります。

素材自体が自然な歯と同じ程度の強度ということは、このセラミック素材を加工して、「クラウン」などとして用いれば、加工している分だけ自然な歯よりも強度は低くなり、つぎはぎのない自然の歯の方が強度は高くなることを意味しています。このため、酸化ケイ素を用いたセラミック義歯は割れやすい、ということが一般的に知られていますし、セラミック義歯が破損した事例もたくさんあります。ジルコニアは、酸化ケイ素の強度の弱さを補うほどの強度を誇りますので、ジルコニアを使用したセラミック義歯は割れにくいというメリットをもたらします。また、色も変色しにくく歯垢もつきにくいというメリットもあります。

セラミックジルコニアが持つデメリット

セラミックジルコニアのデメリットは、意外にも強度が高すぎることにあります。ジルコニアは非常に硬い素材で、自然な歯よりも硬いです。つまり、自然な歯とかみ合わせた場合、より強度の低い自然な歯が傷ついて欠けてしまう恐れがあります。

他の歯が傷ついてしまうということは、噛み合わせが悪くなるケースをもたらし、知覚過敏や顎関節症などの噛み合わせに起因する症状をもたらす恐れがあります。また、同じセラミック義歯である酸化ケイ素のオールセラミックよりもほんの少しですが見た目が悪く、美しい見た目を得られるということではありません。

セラミックジルコニアの使用が好まれる歯の部位

セラミックジルコニアは、非常に硬いという利点があります。実際に、どの歯の部位でも使用できますが、使用が好まれる部位は奥歯です。なぜ奥歯かと申しますと、奥歯は噛み合わせで強い力がかかる部分だからです。強い力がかかるということは、割れやすいということですので、より強いセラミック義歯が好まれます。また、ジルコニアは見た目としては、通常のセラミックよりもよくありません。このため、見た目の良い通常のセラミックは、強い力のかかりにくい前方の部位に使用し、ジルコニアは強い力がかかるが見えにくい奥歯に使用されるケースが一般的です。

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。 扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。 あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

美容診療のある歯医者さん一覧

関連コラム検索

PICKUPピックアップ医院

PICKUPピックアップコラム