前歯をきれいにするなら、オールセラミック義歯がおすすめ kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

前歯をきれいにするなら、オールセラミック義歯がおすすめ

「セラミック」義歯に用いられるセラミック素材には「ジルコニア」や「アルミナ」など様々な素材があり、それをひとまとめにしてセラミックと呼んでいます。それぞれのセラミック資材で特徴があり、メリットとデメリットを持っています。このメリットとデメリットを比較して、最も見た目が自然なセラミック義歯を作り出せる素材と言われているのが、「酸化ケイ素」です。オールセラミックに用いられる素材は、この酸化ケイ素で作られているセラミックですので、「オールセラミック」の「クラウン」を用いることで前歯を美しく白く見せることができます。

オールセラミック義歯とはどういうもの?

オールセラミック義歯とは、素材にセラミックのみを用いて作るクラウンのことです。クラウンとは、虫歯などで歯が使えなくなった場合、虫歯部分を削るとともに、歯の周辺をぐるりと削り取って土台を作ります。この土台を型取りしたのちに、この土台にすっぽりとはまる義歯をクラインと言います。このクラウンを全てセラミックで作ったものをオールセラミックと言います。つまり、歯を削ることで土台にして、削った部分に上からクランをかぶせることでセラミック義歯を作り出します。

オールセラミック義歯はセラミックの中でも最も自然な歯に近い素材であると言われていますので、オールセラミック義歯を用いると、見た目の自然な非常に美しい歯に仕上がります。この見た目ですが、いくつかあるセラミック素材の中では、この「酸化ケイ素」を用いたオールセラミック義歯が最も自然な歯に近く美しいと言われています。以前はクラウンと言えば、「銀歯」の素材である「金銀パラジウム合金」や「金」などが使われてきましたが、口内に金属があると見た目が悪いので、金属を使用することは避けられるようになっています。

しかし、金銀パラジウム合金は保険診療となっているので、安価にクラウンを作成したい場合は銀歯を選ぶ必要がありますが、治療費よりもどうしても美しい見た目を手に入れたい、という方にはセラミックのクラウンがおすすめです。

前歯をオールセラミック義歯にすることのメリット

前歯をオールセラミックにするメリットですが、何よりも前歯が白く美しく自然に見えることにあります。特に前歯は非常によく目立ちますので、この部分を美しいセラミックに変えることで見た目や印象は大きく変わる場合があります。

一方で、前歯が金属でしたら、あまりいい印象は受けないでしょう。人の印象は、外見で大きく変わる場合がありますので、印象が悪くなる要素を作らない意味でも美しい前歯にしておいた方がいいと思われます。また、オールセラミックに使用される酸化ケイ素を用いた素材は、強度に難があり、割れやすいという欠点があります。もしも奥歯に使用した場合には、奥歯は非常に強い力がかかるため、強い力で噛んだりした場合にはセラミックのクラウンが割れてしまう場合があります。一方の前歯はそれほど強い力はかかりませんので、割れる心配は奥歯に比べて減ります。オールセラミック義歯を前歯に使用することは当然と言えば当然の選択と言えます。

オールセラミック義歯にかかる1本あたりの費用は7万円~

オールセラミックは保険診療ではなく自由診療ですので、各歯科医院が診療費を独自に決定することができます。このため、各医院各様で値段は様々ですが、1本あたり7万円から17万円程度の範囲だと言われています。また、価格はクラウンを作る部位によっても変わってきますので、前歯と奥歯では値段が少し異なります。一般的に前歯の方が審美性を追求するために高くなると言われています。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP