歯のインプラント治療を受けるための基礎知識|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯のインプラント治療を受けるための基礎知識

インプラント治療は事故や病気で歯を失ってしまった場合に、天然の歯と同様の噛む力と見た目を取り戻すことが可能な治療法の一つです。ここでは、歯のインプラント治療の基礎知識について解説します。

インプラントとは体に埋め込む器具の総称

インプラントは体に埋め込まれる器具の総称です。しかし歯の代わりに入れる人工の歯根のことに使われることが多いため、一般的にインプラントと言うと「歯のインプラント」を指すことが多いようです。インプラント治療は虫歯や歯周病、そして事故などで歯を失ってしまった人に対して、インプラント(人工歯根)を埋め込み、歯冠の代わりとして人工歯をかぶせます。インプラント治療によって歯が本来持つ機能や見た目を取り戻すことができ、しかも失った歯の周辺の歯にも負担がかからないというメリットがあります。

歯のインプラントは、人間が持つ自然の歯に近い素材で作られています。その為、口元を開けた時に見える位置にインプラントを埋め込んでいても気づかれにくいのです。丈夫でより自然に見えるように、インプラントは3つの部品を繋げて作られています。

・部品1:あごの骨に埋め込むインプラント

歯槽骨(しそうこつ)に直接埋め込む部分で、インプラントの基本となる土台になります。この部分は純チタン、またはチタン合金で作られていますので、金属アレルギーの方でも使用する事ができます。

・部品2:歯冠の代わりともなり、人口歯とも呼ばれる上部構造

口を開けた時に見える歯の部分です。義歯ではありますが、本来の歯とほとんど変わらない白い色のセラミック素材で作られているので、歯のインプラントをしている事に気づかれにくいように工夫されています。

・部品3:上部構造とインプラントを連結するアバットメント

インプラントと上部構造を繋ぎ合わせる部分で、義歯の土台となります。このアバットメントの固定がしっかりされていないと、上層部が不安定になってしまいます。よって、インプラントを行うにあたって重要な部分とも言えるのです。アバットメントもインプラント同様に純チタン、またはチタン合金のものが一般的です。

部品を繋げる順番としては、インプラント、アバットメント、上部構造の流れでインプラント治療が行われます。この部品をひとつずつ丁寧に繋げていく事で、仕上がりが自然な義歯になるのです。

歯のインプラントの具体的な治療内容

歯のインプラント治療の流れを紹介します。

精密検査

歯のインプラントを行う前に、口の中の状態を確認しておく必要があります。CTスキャンやレントゲンで歯の状態を確認し、インプラントにする部分の検討を行います。

治療計画の確認

精密検査の結果から施術方法や治療費、通院期間の概略を検討します。その後治療の方向を歯医者さんと一緒に決めていきます。外科手術を伴うため、治療の方向に患者さんの同意が得られない場合はインプラント治療も進めていくことができません。

1次手術

手術の始まりはインプラントを入れることです。顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。痛みの心配がありそうですが、麻酔を行うことでその場での痛みはほとんどないそうです。

定着期間

1次手術の後、消毒や抜糸を行ない、インプラントと骨が結合して定着するまで期間を空けます。インプラントが顎の骨と結合する事で、土台がしっかりするだけではなく、本来の歯とほとんど変わらない強度と噛み心地を持った義歯に仕上げられるのです。それまでにかかる一般的な期間としてはおよそ3ヶ月から6ヶ月程度となっていますが、インプラント治療を上顎・下顎のどちらに行うかによってもかなり期間が変わってくるようです。上顎の場合はおよそ2ヶ月から6ヶ月程度、下顎の場合はおよそ2ヶ月から3ヶ月程度の期間が必要となります。また、その時の体調や骨の密着度合いによっても、早くて3ヶ月以内でインプラントが顎の骨に密着する場合もあれば、6ヶ月以上かかってしまう場合もあるようです。特に、顎の骨の厚みが薄くてインプラント治療が難しい人への補助手術である「骨移植」を行った場合は、長期間かかってしまいます。移植した骨の量にもよりますが、一般的な歯のインプラント治療の定着期間の2倍かかってしまうのです。

より自然な仕上がりにする為には、それなりの定着期間も考慮しなければなりません。この事も踏まえて理解しておけば、歯のインプラント治療が完了するまで、余裕を持って取り組めるようになります。

2次手術

インプラントが定着したら、埋め込んだインプラントと人工歯を連結する「アバットメント」の装着手術を行います。この状態から歯茎が治るまで1週間から6週間待ちます。

人工歯の装着

歯茎がしっかりしたら、人工の歯を被せます。歯の型取りなどは普通の虫歯の治療とほぼ変わりません。歯の正しい形を確認しながら人工の歯を作ります。この人工の歯がしっかり被さればあとは経過を見守るだけでほぼ完了となるようです。

歯のインプラント治療のメリット

歯が欠損した場合の治療方法としてブリッジというものがありますが、これは欠損した歯の両脇の健康な歯を削り、そこを支えに人工の歯を被せる方法が一般的です。しかし歯のインプラントの場合は、ブリッジと違い健康な歯は健康なまま残すことが可能といわれています。また歯のインプラントは天然の歯と同等の強度があるため、硬いものでも噛むことができ、そして何よりも美しさが大きなメリットになります。特に女性の場合は歯の中に金属が見えるだけでも気になってしまう方も多いかと思いますので、インプラントを使うことで人前で口を開けることに躊躇しなくなることは精神的負担にもよいことだといえそうです。

歯のインプラント治療にかかる費用は1本につき30万円~ほど

歯のインプラント治療は健康保険が適用されない自由診療になるため、歯医者さんによってその治療費にばらつきがあります。それでも歯1本につき30万円から45万円という相場が平均的な相場になっているようです。替えの効かない自分の体の一部を補うということ、保険が効かないということを考えると「価格」だけで歯医者さんを選ばないようする必要があるのではないでしょうか。

価格の低いインプラント治療を受けるのであれば、いくつか注意をする必要があります。ここでは、特に注意をしなければならない3つのポイントを挙げますので、参考のひとつとして考慮して下さい。

1.最初のポイントは、インプラント以外の部分が高額のことがあるのです。難しい治療が必要になると医師に言われて、結局高額の費用となってしまうケースや、検査内容を精密に行うにあたり、高額の費用になってしまったといったケースも考えられます。

2.次のポイントとして、インプラント治療を行う担当医師の技術が低いことが原因で、脱落などの危険があるケースがあります。また、インプラント治療を専門としていますが、担当医師に経験が無いといったことも考えられます。それでは、高額の費用を支払っても、治療中不手際があっては困ります。

3.最後のポイント3として、保証期間が短いケースです。インプラント治療には、一般的に5年間の保証期間が設けられています。インプラント治療を行うにあたって、定着期間が6ヶ月以上もかかってしまう場合もありますので、こういった事態も考慮されているのです。保証期間が短くて心配になるのであれば、保険期間がしっかりしている病院を検討すると良いでしょう。

しっかりしたインプラント治療を受ける為には、治療内容はもちろん、治療費用や仕上がりについても考慮する必要があります。しかし、本当に大切なのは実際に治療を受ける人が担当医師の施術や話に納得できるかどうかです。治療内容について納得でき、この担当医師になら任せられるのであれば、依頼をしても良いのです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 武本歯科クリニック
  • 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニック
詳細はこちら

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。
扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。
あらゆる可能性から、あなたにあった治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング