八重歯が引き起こす口内トラブルって?矯正した方がいいの? kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

八重歯が引き起こす口内トラブルって?矯正した方がいいの?

日本では「可愛い」と言われることの多い八重歯ですが、海外ではそうではありません。しかも、虫歯や歯周病といった口内トラブルを引き起こす原因でもあるのです!八重歯が原因になり得る口内トラブルや矯正方法まで解説していきます。

歯列の乱れは八重歯が原因だった!

日本ではチャームポイントとなることが多い「八重歯」。特に若い女性の間では、八重歯がうらやましがられることもあるようですね。
しかし、いいことばかりではありません。歯列の乱れを引き起こしたり、口内トラブルのリスクを高めたりするなど、実はマイナスの要素が多い存在なのです!

ここでは、八重歯を矯正した方がいい理由と矯正方法について紹介していきます。

八重歯の問題点・矯正の必要性とは?

まず、なぜ八重歯は生えてくるのか、どうして矯正する必要があるのかを詳しく説明していきます。

八重歯とは?

八重(やえ)は、数多く重なっていることを意味する言葉。
つまり、歯が正常な位置よりズレて生え、重なり合ってしまっている状態のことを八重歯と言います。「犬歯(けんし)」と呼ばれる、先端が尖った歯の位置で発生することが特に多いようです。犬歯の位置で八重歯が発生すると、犬歯が外側に飛び出したようになって目立つので、先端が尖った歯のことを八重歯と言うと勘違いしている方も少なくありません。

八重歯が生えてくる原因としては、歯の大きさに対してあごが小さく、歯が生えてくるスペースが十分でないということが挙げられます。狭いスペースに無理やり生えてくるために、重なり合ってしまうのです。

犬歯の位置で発生することが多い理由

八重歯は、後から生えてきた歯が先に生えていた歯に押し出されるように生えるのが特徴。そして、犬歯は他の歯より遅く生えてくるという特徴があります。
つまり、他の歯が生え揃った時点で犬歯が生えてくるのに十分なスペースがなく、犬歯の位置で八重歯になってしまうケースが多いというわけですね。

生えていることによる問題点

歯が重なり合っていると、その分歯磨きによるケアが難しくなります。重なり合った部分にまでしっかりとブラシを行き届かせることができないので、虫歯のリスクが高くなるでしょう。それだけでなく、磨き残しによる歯周病や口臭なども考えられますね。

また、八重歯となりやすい犬歯は他の歯よりも長くなっており、歯全体に掛かる負荷を軽くするという重要な役割を持っています。これが八重歯となってしまうと噛み合わせがうまくいかず、他の歯への負担が大きくなってしまいます。

歯に掛かる負荷が高い状態が続けば、知覚過敏等の様々な問題を引き起こす恐れがあります。また、先の尖った犬歯が飛び出した状態なので、唇や舌を傷つけやすいということも言えますね。

このように、八重歯が生えていることで起こり得るデメリットは多いです。口内の健康を守ろうと思うのであれば、改善した方がいいでしょう。

八重歯は歯列矯正で治せる!

前の項目からわかるように、八重歯が生えていることによるデメリットは多数。トラブルが発生する可能性があるのは、八重歯となっている部分だけでなく歯全体ですので、早めに矯正で改善してあげることをおすすめします。

八重歯を改善できる矯正方法

八重歯は、歯列矯正によって改善できるもの。ここで、八重歯の改善が可能な矯正方法について紹介していきます。

①マウスピース矯正

目立たない矯正方法として人気です。ただし、大きく歯を動かすことはできないので、軽度の八重歯でなければ対応できません。マウスピースは自分で着脱可能なので、装着時間によって矯正が完了するまでの期間が変わります。
・矯正期間……2~3年程度
・費用相場……70~80万円程度(別途 検査費3万円程度、処置費用:1回5,000円程度が必要)

②ブラケット矯正

歯の表側に装置を装着する、一般的な矯正方法。歯を大きく動かさなければ治せない程度の八重歯であれば、この方法が選択されます。歯1本1本に「ブラケット」という装置を付けて、力を加えることで位置を変えていくのです。
・矯正期間……2~3年程度
・費用相場……60~80万円程度(別途 検査費3万円程度、処置費用:毎月4,000~5,000円程度が必要)

③舌側(ぜっそく)矯正

矯正装置を歯の裏側(舌側)に装着する方法です。マウスピースでは治せない、でも装置を目立たせたくないというときに最適ですね。歯の裏側への装着ということでどうしても舌に装置が触れてしまうため、慣れるまでは違和感が強いでしょう。
・矯正期間……2~3年程度
・費用相場……100~120万円程度(別途 検査費3万円程度、処置費用:毎月5,000~10,000円程度が必要)

八重歯の程度によっては選択できない場合もありますが、抜歯をせずに済む方法や装置が目立たない方法も。一口に「矯正」と言っても、その方法は様々です。

八重歯が「可愛い」のは日本だけ!海外と日本の印象の違い

最初にも言いましたが、日本において八重歯はチャームポイントとしての認識が高いです。八重歯であることによって、より可愛さを感じるという方も少なくないでしょう。
しかし、それは日本においてのみのこと。海外ではそうではありません。単純に歯並びが悪いと思われるか、不吉と思われるかです。不吉と思われる理由の一部を紹介していきましょう。

・欧米……キリスト教において不吉とされるドラキュラや魔女を連想させる
・中国……虎の歯と言って幸せが逃げる、親・配偶者との離別が早くなるという迷信がある

このような理由から、あまり好ましく思われないようです。また、不吉とまでは思わなくとも、日本のように八重歯を「可愛い」と思う国はありません。
どこの国に行っても悪い印象を与えたくないというのであれば、八重歯は矯正しておくべきでしょうね。虫歯や歯周病リスクを下げるという意味でも、八重歯の矯正は自分にとってプラスになることなのです。

矯正で八重歯コンプレックスを解消!

「可愛い」とされるのは日本だけですし、虫歯や歯周病のリスクが高まるとなれば、やはり八重歯は矯正で改善した方がいいでしょう。
この記事で紹介した通り、抜歯をせずにできる矯正方法や目立たない矯正方法もありますので、矯正に抵抗のある方もまずは歯科医師に相談してみることをおすすめします。

八重歯の矯正が完了すれば、ガタガタの歯並びもきれいに整って笑顔に自信が持てますよ。万国から好印象を持たれる笑顔を目指しましょう!

  • 監修医川埜 博文
  • 医院名:かわの歯科医院
  • 住所:神奈川県厚木市戸室2-1-3
かわの歯科医院の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP