ハウマッチ歯列矯正!美しい歯並びのお値段が知りたい|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ハウマッチ歯列矯正!美しい歯並びのお値段が知りたい

歯列矯正に興味はあっても、治療費用が気になりあと一歩が踏み出せないという方もいるでしょう。そこで、歯列矯正の平均的な相場や、費用を抑えて行なえる方法をご紹介していきます。

大人の歯列矯正はいくらの費用が必要?

一般的な歯科治療でも、大人と子供では費用が異なってきます。もちろん歯列矯正も大人と子供で異なるので、ここでは大人が行なう歯列矯正の費用に関してお話していきます。

矯正治療前の費用内訳

自分の歯並びがどうなっているか検査で調べます。プランを考えるためには資料(CT・3D写真)が必要になり、特殊な機械の使用もあります。そのために発生する費用だと考えておきましょう。

・初診費用 (¥0円~¥5,000円)
・診査費用 (¥10,000円~¥50,000円)
・診断費用 (¥10,000円~¥50,000円)
・トータル (¥30,000円~¥100,000円)

この段階ではまだ治療が始まっていないものの、トータルで¥100,000円程の費用が発生します。この値段よりも抑えられた価格で対応してくれる歯科もありますが、歯並びの度合いによっては検査段階から複雑さが増すため余裕をもって予算を確保しておきましょう。

矯正治療中の費用内訳

全顎矯正、または部分矯正で治療内容は変わってきます。素材の選択は医師と相談で決めることができますが、ここではメタルブラケットを例にしています。

・全顎矯正 メタルブラケット (¥600,000円~¥1,000,000円)
・部分矯正 メタルブラケット (¥250,000円~¥500,000円)
・その他   処置費用(¥1,000円~¥10,000円)

治療中に発生する値段をざっくりと表すと、全顎矯正の費用 < 部分矯正の費用という風になります。上記以外の矯正方法に、透明装置矯正や外科矯正がありますが、いずれも¥1,000,000円前後の費用を見積もっておいた方が良いでしょう。また、処置費用に関しては1回ごとに発生する場合と、基本費用に含まれている場合があるので、確認しておくと細かな内訳が理解しやすくなります。

インプラントと仕組みについてはこちら。

矯正治療後の費用内訳

歯列矯正後は定期的な検診や、保定を行ない歯列を固定していきます。矯正装置はすでに外している段階なので、大掛かりな治療を行なうこともありません。

・保定装置(¥5,000円~¥10,000円)
・メンテナンス(¥3,000円~¥10,000円)

治療後しばらくは、歯列が安定しないこともあり「リテーナー」という保定装置を使い、固定して目指す歯並びに仕上げていきます。経過観察のために検診を受けて、虫歯や歯周病などが発生していないか診てもらいましょう。キレイな歯並びを維持するには、やはりメンテナンスが重要になってきます。面倒と思わず定期的に通いましょう。

子供の歯列矯正費用は?

大人の歯列矯正では、治療費用をトータルで見積もると¥1,000,000円前後が発生しています。一方、子供の場合はどうなっているのでしょうか?大人と同等の金額なのか、それともより抑えた値段で治療が行なえるのか比較してみましょう。

矯正治療前の費用内訳

基本的には大人と同じ内容の検査を行ない、治療プランを計画していきます。大人と同じ機械の使用となるので費用に差はありません。

・初診費用 (¥0円~¥5,000円)
・診査費用 (¥10,000円~¥50,000円)
・診断費用 (¥10,000円~¥50,000円)
・トータル (¥30,000円~¥100,000円)

子どもの場合、成長に合わせて歯列矯正を行なっていくので、初診の段階では相談だけということもあります。矯正装置の装着を行なえる状態なのか、医師と十分に相談していきましょう。

一期治療と二期治療の内容と内訳

大人の矯正と子供の矯正の違いは、この段階にあります。大人の場合は乳歯が抜けて永久歯を矯正するのに対して、子どもは乳歯が残っている一期と、乳歯が抜けた二期という段階に治療プランが異なってきます。子どもの成長に合わせて治療をするので、期間や費用に差が出てくるでしょう。

・一期の治療費用(¥200,000円~¥600,000円)
・二期の治療費用(¥250,000円~¥650,000円)

上記の表は一期と二期の治療内容と、その価格を表していますが二期治療が必要ということではありません。子どもの骨格や歯は成長に合わせて発達するので、大人よりも大きく移動して一期だけでキレイに整うことがあります。その反対に、一期で治療をせずに二期の段階になって治療費用が高額になる場合もあります。いずれにしても、一期の3歳~10歳までの間に歯科で相談しておきましょう!

治療後の内訳

子どもの歯や顎は、成長と共に変形していくので治療後の保定期間は重要なポイントになります。治療後半年までは、リテーナーを装着しておくことが推奨されています。

・保定装置(¥5,000円~¥10,000円)
・メンテナンス(¥3,000円~¥10,000円)
“保定期間は、平均して2年程度、最低でも1年はかかります。期間中も2ヶ月に1回程度のペースで通院していただき、状態をチェックします。„

定期的な検診を行なえば、歯の変化に早急な対処が行なえますし、矯正でキレイになった歯の健康を維持することができます。子どもの矯正とは言え、高額な費用が発生するのでメンテナンスをしっかりと行ないましょう。

  • 監修医吉野 真弘
  • COJI DENTAL OFFICE
  • 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICE
詳細はこちら

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。
扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。
あらゆる可能性から、あなたにあった治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング