歯列矯正費はローンや分割で支払える!~医療費控除の対象にも~ kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯列矯正費はローンや分割で支払える!~医療費控除の対象にも~

歯列矯正は健康保険がほとんど適用されないため、高額になってしまいがち。しかし、ローンや分割を利用して治療費の支払いが可能です。さらに医療費控除の対象にもなります。

歯列矯正は保険適用?ローンや分割はできるの!?

綺麗な歯並びになる歯列矯正は、健康保険が適用されない自由診断です。なので、歯列矯正は基本的には全額自己負担となります。しかし、例外として保険適用となる場合もあることを知っていますか?特定の先天性疾患や顎変形症の方が歯列矯正を行なう場合は保険適用となります。担当医師に保険適用に該当するか確認してみましょう。

歯列矯正はローンや分割支払いが可能!

上記でも書いた通り、歯列矯正は自由診療になります。自由診療は保険が適用されないため、治療を行なう費用が高額になるケースが多いです。そのような場合、治療費をローンや分割で支払うという選択肢がありますよ。

デンタルローン

契約先:信販会社
歯列矯正を行なっている歯科医院を通して信販会社のローンを申し込みます。歯科治療費を目的としたデンタルローンは、手数料が低く設定されおり分割回数が多いのが特徴。歯列矯正は高額になるので、分割回数が多いというのは、魅力的だと思います。また、歯科医院や信販会社によって金利手数料に違いがあるので、契約を行なう前に確認するとよいでしょう。

多目的ローン

契約先:銀行もしくは信用金庫
多目的ローンの場合、歯科医院から出る見積もりなどの書類の提出があるため、契約時に窓口へ行く必要があり、審査に時間がかかるようです。しかし、多目的ローンは一般的なローンより手数料が低く設定されているのが良いポイントだと思います。

歯科医院独自の分割払い

契約先:歯科医院
信販会社などと契約せずに、通院先の歯科医院と直接分割契約ができるところもあります。各歯科医院によって、分割回数や手数料、支払期限が異なるので確認した方が良いですね。また、手数料なしで分割できる歯科医院や、審査が無く契約できる歯科医院もあるようなので探してみましょう。

クレジットカードローン

契約先:クレジットカード会社
自分が契約して持っているクレジットカードで分割払いする方法もあります。その場合は、クレジットカードに対応している歯科医院なのか確認が必要です。クレジットカードで分割払いを行なう際は、そのカードの利用限度額や分割回数の規約に沿って分割払いをして下さいね。手数料は14%~18%程度と少し高めですが、利用限度額以内ならすぐ決済できるのが魅力です。

歯列矯正にかかる費用は、高額になる場合がほとんどのため、一括で支払うのは家計の負担になってしまいます。ですが、このようなローンや分割を利用して治療費を支払っていけるのは良いですよね!

歯列矯正は医療費控除の対象です

歯列矯正は医療費控除の対象になることを知っていますか?一定の条件をクリアすれば医療費控除の対象になります。ここでは、歯列矯正の医療費控除について調べてみました。

そもそも医療費控除とは……

自分自身やその家族の医療費の支払いが1年間で10万円を超えた場合、一定金額をその年の所得から差し引くことができる制度です。また、医療費控除を申告し忘れた場合でも5年間はさかのぼって受けられますよ。

医療費控除と健康保険の違いについて

冒頭で記載したように歯科矯正をしたいと思っても、健康保険が適用されない場合がほとんどです。しかし「医療費控除は対象になるの?」と疑問を持つ方もいると思います。では、医療費控除と健康保険とでは何が違うのか確認してみましょう。

・医療費控除の管轄は『国税庁』
・健康保険の管轄は『厚生労働省』

つまり、行政機関ごとに医療費に対しての策が違うのです。

医療費控除の対象は?

子どもの歯列矯正の場合

子どもの場合、審美性を気にして歯列矯正するというよりも、咀嚼(そしゃく)や発音の改善などを目的として歯列矯正を行なうことがほとんど。その場合、治療を目的とした歯列矯正になるので、医療費控除の対象になります。また、通院で公共機関を利用した時の交通費も医療費控除の対象です。母親の付き添いが必要なくらい小さい子どもの場合は、母親の交通費も通院費と認められるので覚えておきましょう。

大人の歯列矯正の場合

大人の場合、歯列矯正は審美目的とされ医療費控除の対象にならないのでは?と思っている方が多いようです。しかし、噛み合わせを良くする治療目的と認められることもあります。医療費控除の対象にするには、歯科医師から『治療目的で歯列矯正が必要』と判断され、確定申告の際に診断書を提出しなくてはいけません。ですから、歯列矯正を行なう前に担当医師に医療費控除の対象になるか確認しておきましょう。

歯列矯正が医療費控除と認められた場合、確定申告で歯列矯正や交通費の領収書やレシートが必要になるので保管しておいて下さい。また、歯列矯正の医療費控除について調べましたが、他の治療や診察で医療機関にかかった場合でも医療費控除の対象になるので領収書やレシートの保管が必要ですよ。

申請手続きと申請に必要な書類

では、実際医療費控除の申請手続きには何が必要なのか、確認していきましょう。

医療費控除の必要書類

確定申告書

税務書のホームページから、簡単にプリントアウトすることができます。
引用元:国税庁

医療機関から出された領収書やレシート

とても大切な書類になるので必須です。家族みんなの領収書があるかしっかり確認して下さいね。

歯列矯正の診断書

担当医師からの診断書がないと、審美矯正となるかもしれません。診断書を忘れずに持って行きましょう。

交通費に関する領収書やレシート

領収書やレシートの他にも、自分で日付とルートを記載したノートやメモでも認められるようですよ。

契約書の写しやローンや分割の領収書

歯列矯正の支払いをローンや分割で行なった場合に必要になります。

源泉徴収票

会社などに勤めていて給与所得がある方は必須です。一年間の所得金額が200万円に満たない場合、その所得の5%が還付されるため、必要になります。

銀行通帳または口座番号の情報

還付金を振り込んでもらうために必要です。

医療費控除の申請方法

・住民票が登録されている所轄の税務署
・郵送申請
・eーTax

医療費控除の注意点

医療費控除を申請する場合、覚えておいて欲しい『期間』や『期限』があります。確認してみましょう。

医療費控除を申告できる期限

これは確定申告の期限のこと。毎年3月の中頃が確定申告の期限になっているようです。

その年の確定申告で申請できる医療費控除対象の期間

前年の1月1日~12月31日の期間です。

医療費控除をさかのぼれる申請できる期限

医療費控除は5年間さかのぼって申告を受け付けてもらえます。

必要書類が多いと感じるかもしれませんが、医療費控除は申請しないと受けられません。なので、しっかりと申請して払い過ぎた医療費を控除してもらう必要があるのです。また、ややこしい『期間』や『期限』がありますが、間違えないように区別して覚えておいて下さいね。

医療費控除額の計算式

実際の医療費控除額や還付金、住民税の減税額はどのように算出されるのか調べてみたので、一緒に確認してみましょう。

医療費控除額

一年間にかかった医療費 - 保険金などから支払われる金額 - 10万円もしくは所得額の5% = 医療費控除額(上限は200万円)

還付金額

医療費控除額 × 自分自身の所得税 = 還付金額

次年度住民税の減額金額

医療費控除額 × 10% = 次年度住民税の減額金額

たくさんの制度を利用して歯列矯正をしよう!

健康保険がほとんど適用されない歯列矯正治療を受けるため、金銭面について調べてみました。その結果、歯列矯正の支払いはローンや分割で支払える選択肢があること、医療費控除の対象になることが分かりました。高額になってしまうので、貯金と相談しながら検討しようと思っていましたが、こんなにたくさんの制度があるなら利用しないと損ですよね。歯列矯正に興味がある方は、参考にしてみて下さい。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP