見た目を補うだけじゃない!インプラント治療における仮歯の重要性 kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

見た目を補うだけじゃない!インプラント治療における仮歯の重要性

インプラント治療において、仮歯の存在は欠かせません。人工歯の形を決めるために用いられるだけでなく、インプラント治療中の審美性を保つためにも活躍してくれます。しかし、仮歯の役割はこれだけではありません。インプラント治療での仮歯の役割について、説明していきます。

治療中の仮歯について

インプラントは人工の歯根、人工の歯を装着することで完成します。しかし、ここで忘れられがちなのが、仮歯の存在。人工歯根が定着したらすぐに人工歯を取り付けられるわけではなく、まずは仮歯を装着して噛み合わせなどをよく確かめる必要があります。また、人工歯を入れる前の確認のためだけでなく、審美性を保つためにも仮歯は用いられます。
このように、インプラント治療で何かと活躍してくれる仮歯。その役割について、詳しく調べていきましょう。

インプラント治療の流れをざっとおさらい!

まずは今一度、インプラント治療の簡単な流れをおさらいしていきます。

カウンセリング・精密検査

健康状態や口腔内環境をチェック。さらに、レントゲン検査と歯科用CT検査を行ったうえで、使用するインプラントの種類や治療法などの詳細を決定していきます。

手術(1回目)

歯肉を切開、人工歯根を埋め込むところまで。二回法の場合は歯肉の中に埋め込み、一回法の場合はインプラント体の接続部分が歯肉から出るように埋め込みます。基本的には一回法も二回法も、このあと3~6か月ほど人工歯を装着せずに、人工歯根が定着するのを待ちます。

手術(2回目)

二回法の場合は、歯肉を再度切開し支柱を取り付けます。その後、最終確認のための仮歯を装着して噛み合わせなどをチェックし、人工歯を作製。一回法の場合も同様です。人工歯が完成するまでの間は仮歯で過ごし、最終的に人工歯を取り付けて完了です。

仮歯が必要になるのは、人工歯根が定着したあと。仮歯には人工歯を装着して噛み合わせが悪くならないか、違和感がないかを確認するという重要な役割があるのです。
また、顎の骨の状態がよいなど複数の条件をクリアする必要はありますが、人工歯根の定着を待つ間に仮歯を入れておくことができるケースも。人工歯根が定着するまでには3~6か月もの期間が必要であり、前歯などの目立つ場所だと気になってしまう方もいるでしょう。「仕事柄どうしても歯がないと困る」といったような事情があるなら、人工歯根の定着を待つ間の仮歯について歯科医師に相談してみるといいですよ。

インプラント治療中の仮歯の役割

インプラント治療中に仮歯を装着する理由は多くあります。仮歯にはどんな役割があるのか見てみましょう。

抜歯した周辺の歯が動かないようにする

歯列矯正をする際に、歯の位置を動かすために抜歯をすることがあります。このことからわかるように、抜歯をした周辺の歯は動いてしまう可能性があるのです。仮歯を装着しておけば、抜歯する前と変わらない状態を維持できるので、周辺の歯が動いてしまうこともありません。

顎を安定させる

今まであった歯がなくなることで、少なからず噛み合わせのバランスが崩れます。噛み合わせのバランスが崩れると顎の状態が不安定となり、ストレスを感じることも。歯がない間、顎の状態を安定させるためにも仮歯が活躍してくれます。

食事と滑舌をサポート

歯がないことで困ることと言えば、食事と滑舌でしょう。たった1本ないだけでも噛みづらさを感じたり、うまく発音することができなかったりと不自由に感じることがあります。これをサポートするというのも、仮歯の大切な役割です。

人工歯の具合を確かめる

最終的に入れる予定の人工歯に似せてつくることで、噛み合わせの具合や痛みがないかなどの確認をすることができます。もし、仮歯の段階で痛みや違和感があるようなら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

このように、様々な役割を果たしてくれるんですね。

ちなみにですが、混同されやすい「差し歯」とはまったくの別物。差し歯は、自分の歯の歯根を利用して装着する被せ物です。また、差し歯が硬質プラスチックやセラミックでつくられるのに対し、仮歯はあくまでも「仮の歯」ということで柔らかいプラスチックでつくられます。差し歯が完成するまでの間に利用されることもあるようです。

インプラント治療中の仮歯の費用や装着期間

インプラント治療が完了するまでの間、仮歯を装着しておきたいと思ったときに、気になるのは費用ですよね。ここでは、仮歯のだいたいの費用と装着期間についてお伝えします。

だいたいの費用の目安

1本あたり5,000~20,000円が相場。歯科医院によって料金設定が異なります。

装着期間

人工歯根の埋め込みと同時の場合、3~6か月の間です。人工歯根が定着してから人工歯を装着するのであれば、人工歯が出来上がるまでの1~6週間程度の期間となります。

仮歯は比較的柔らかいプラスチックでつくられます。そのため、無理な力が加わると欠けてしまったり、割れてしまったりすることも。また、何かの拍子に取れてしまう可能性もあります。このような事態に陥ってしまったら、早めに歯科医師に相談するようにしましょう。
また、取れた仮歯を失くしてしまい最初から作り直しが必要な場合は、新たに1本分の費用が掛かることがほとんど。小さなパーツですので、取り扱いには十分注意してください。

インプラントの仮歯をしたまま治療中断していませんか?

ごく稀にですが、最終確認用の仮歯を装着した状態のまま放置してしまう方がいるようです。
仮歯は人工歯とは異なり、長期間装着したままにしておくのには向いていません。柔らかいプラスチックなので強い力が加わることによって破損する恐れがあるだけでなく、すり減って形が変わることもあるのです。仮歯の形が変わってしまえば噛み合わせも変わってしまい、人工歯根に無理な力が掛かかることに。せっかく埋め込んだ人工歯根が抜け落ちてしまう原因となりますので、決められた期間以上仮歯を装着したままにするのはやめましょう。

インプラント治療をする時には・・・

いかがでしょう、インプラント治療における仮歯の役割はご理解いただけたでしょうか?
人工歯を装着しても、違和感なく快適な状態を保つためには、仮歯による最終確認が重要になるのです。
また、軽く触れましたが、人工歯根の定着を待つ間に仮歯を入れておける場合もあります。歯のない期間が一切ないインプラント治療ができるので、人前に出ることが多い方や滑舌が悪くなると困る方でも安心して治療に望めるでしょう。ただし、この方法を選択するためにはいくつかの条件がありますので、歯科医師によく相談してくださいね。

  • 監修医宮田 昌和
  • 医院名:デンタルオフィス下北沢
  • 住所:東京都世田谷区代田6-6-1-2F
デンタルオフィス下北沢の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP