死に繋がる病気を引き起こす恐怖のプラーク!プラークコントロールで解決! kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

死に繋がる病気を引き起こす恐怖のプラーク!プラークコントロールで解決!

プラークコントロールという言葉をテレビや雑誌などで目にしたことはあるけど、実際にどのようなものなのかは分からない!という方も多いと思います。歯磨きのことをイメージしがちですが、それだけではなくもっと色んな意味が含まれているみたい。健康な口内環境作りのためにも、これはしっかり理解しておく必要があります!ということで、知っているようで知らないプラークコントロールについて調べてみました!

そもそもプラークとは?

プラークコントロールの意味合いは、プラークの量を調整して管理することだそうですが、そもそもプラークって何なんでしょうか!?まずは基礎知識として、プラークについて知っておきましょう。

プラークとは?

プラークとは歯の表面に付着している、雑菌の塊のことです。食事の後に残った食べ物の残りかすや、糖分を吸収して急速に増えていきます。歯磨きをサボると歯に黄白っぽくてネバネバした物質が歯に付着していますよね?これがいわゆるプラークです。

プラークを放置するとどうなるの?

プラークの中には多種多様な雑菌がいますが、虫歯や歯周病の原因になる菌がいるので、放置していると口内環境を悪化させてしまうというわけなんですね。
そして恐るべきことに、プラーク1gの中にはなんと、1~3兆個もの雑菌が含まれているとか!!1gで3兆個ですから、歯磨きをサボった口内には天文学的な数字の雑菌が・・・。想像するだけでゾッとします。

全身健康にも悪影響!?

プラークから出ている炎症成分が原因で歯周炎になり、歯茎が腫れたり出血したりするみたいなんですが、この炎症成分が口から体に入ると様々な病気を引き起こすようです!
糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・動脈硬化・腎炎・メタボリックシンドローム等々・・・。最悪歯を失うくらいだと思っていたんですが、命を失う可能性すらあるようです。

プラークは歯石になる前に取り除け!

プラークは時間が経過すると、歯石という物質に変化します。歯石は歯磨きでは除去することができませんので、歯科クリニックで歯石除去の治療を受ける必要が生じます。
放置していると虫歯や歯周病を引き起こしてしまいますので、歯石になってしまう前の段階でしっかり取り除きたいですね。

プラークがあらゆる口内の疾患の原因となり、取り除くことが大切ということが分かったかと思います。しかし、歯磨きだけで100%プラークを除去するのは難しいんだそうです・・・。
歯ブラシで丁寧に磨いても、60%ほどしかプラークを除去することができないみたい。そこで、歯ブラシ以外のプラークを除去するお手入れが必要!となったわけです。
プラークの量を減らす様々な行為を総称して、プラークコントロールというようです!

どんなプラークコントロールがあるかを知ろう!

プラークを除去する大切さがわかったところで、実際に行われているプラークコントロールはどのようなものがあるのかをみてみましょう!

①歯磨き

プラークコントロールの基本中の基本、皆さんご存知の歯磨きですが、やり方次第で効果が大きく変わるとか。日本人の多くは歯磨きの時間が1分にも満たず、磨き残しが多いそうです。歯磨きは3分を目安に、一本一本丁寧に行うことが大切です。
自分の歯磨きに自信が無い方は、歯医者さんに行けば歯磨きの指導も行なっているそうです。

②デンタルフロス

デンタルフロスは、歯ブラシの毛先が届かない歯と歯の間にあるプラークを取り除くことができるスグレモノです。歯磨きだけでは除去率60%程度だったのが、デンタルフロスを併用することで除去率が80~90%に跳ね上がるとか!これはすごい効果ですね!毎日のオーラルケアのスタメン入り決定です!

➂食生活の改善

毎日の食生活を見直すことでプラークの量を減らすことができるようです。食事を摂るタイミングが不規則になったり、感触が増えたりすると歯の表面が虫歯菌によって溶かされてしまいプラークが付着しやすくなるようです。
規則正しい食生活を送ることでプラークの量をコントロールできます。また、よく噛んで唾液の量を増やしたり、糖分の摂取を控えたりすることでプラークをコントロールすることができますので、仕事の関係などでどうしても食事が不規則になりがちな方はこのようなプラークコントロールを実践しましょう。

④歯科でクリーニングをしてもらう

ブラッシングやデンタルフロスを駆使し、食生活を見直しても、やはり完璧にプラークを除去できるわけではありません。
歯並びやあごの形などによって、プラークの除去が難しい部分がある人もいますので、定期的に歯科に行ってPMTCという処置を受けましょう。専用の機器を使ってプラークや歯石を徹底的に取り除いてくれますよ!

歯磨きを見直そう!

突然ですが、正しい歯磨きをしていますか!?自信を持って「ハイ!」と言える人は意外と少ないと思います。そこで、より効率的な、正しい歯磨きの方法をリサーチしてみました!

①磨き方

歯磨きをする際に気を付けたいのが、全体的にまんべんなく磨くのではなく、一本一本どこを磨いているのかを意識しながら磨くということだそうです。
ただ漠然と歯ブラシを動かしていると磨き残しが増えるので注意。あまり強くこすりすぎると毛先が潰れてしっかり磨けなくなるだけでなく、歯肉が傷ついてしまうので、力を入れ過ぎず小刻みにゆっくり動かしましょう。歯間や歯の根元は汚れが落ちにくいので、特に丁寧に磨きましょう。

②歯ブラシの選び方

歯の隅々までキレイにしたいのであれば、歯ブラシ選びも大切です!歯ブラシのヘッド部分が大きいと奥歯まで毛先が届かないこともありますので、小さいものを選びましょう。
また、毛先の硬さは口内環境に合わせて選ぶようにしましょう。腫れや出血がある場合は柔らかい毛先を選ぶことで、ダメージを減らせますよ。
毛先が硬いとしっかりプラークを除去できますので、口内トラブルが無い場合は毛先が硬いものを選びましょう!

➂電動歯ブラシの効果は?

電動歯ブラシは毛先が振動するのでより歯垢の除去率が高まります!
しかし、電動歯ブラシといえども、触れていない部分のプラークは除去することができません。電動歯ブラシにした安心感で歯磨きがおろそかになって、虫歯や歯周病になってしまう方もいます。
電動歯ブラシはあくまで普段の歯磨きサポートしてくれる程度のものと思って、丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

④歯ブラシの交換時期を知る

歯ブラシは使い続けていく内に毛先が広がってしまい、歯垢を除去する力が落ちてしまいます。反対側からみて、毛がはみ出していたら交換するようにしましょう。
3か月に1回を目安に交換するといいでしょう。もしも3か月以内に毛先が開くようだったら、力が入りすぎている可能性がありますので磨き方を見直しましょう。

歯と命を守るプラークコントロール

今回プラークコントロールについて調べた結果、まず感じたのは「プラーク、恐ろしすぎ!」これに尽きますね。
放っておいたら虫歯や歯周病だけではなく、糖尿病や脳梗塞のリスクを高める可能性・・・。これは今後必死でプラークコントロールに取り組むことになりそうです。
プラークコントロールは歯磨き方法を見直したり、デンタルフロスを使ったり、咀嚼(そしゃく)の回数を増やしたりと手軽に出来るものも沢山あります。まずは負担なく続けられそうなものから始めてみたいと思います。
また、自分だけで行なうのは不安ですので、定期的に歯石を除去しに歯科クリニックへ行くことも大切ですね!

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP