インプラントの歯周病?インプラント周囲炎ってどんなもの? kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントの歯周病?インプラント周囲炎ってどんなもの?

インプラントは治療が終わったからといって安心はできません。メンテナンスをきちんと続けないと、インプラント周囲炎にかかり、最悪インプラントが脱落してしまうことすらあるのです。

ここでは、「インプラント周囲炎」の原因・治療法について詳しく紹介します。

一度かかると放置して治るものではないので、セルフケアによる予防と、定期健診による早期発見・早期治療が肝心です。インプラント周囲炎にならないように、必要な知識をしっかり身につけましょう。

インプラント周囲炎とは?

「インプラント周囲炎」とは、歯周病が原因でインプラントまわりの歯茎などに起こる疾患のことです。

軽度の場合は「インプラント周囲粘膜炎」といい、まとめて「インプラント周囲病変」と呼ばれます。主に、メンテナンス不足により起こります。

 

自覚症状がなく進行も早い

インプラントは自分の歯と違い、血管の栄養などが届かないため抵抗力が下がります。そのため歯周病の進行も早くなり、出血や痛みなどの自覚症状もあまりありません。そのため、気づいたときには症状がかなり進行していたということも多いのです。

 

重度の場合の治療法は確立していない

通常の歯周病であれば、歯茎を切開して清掃をおこなう治療法も可能ですが、インプラントはネジ構造であるため、骨まで進行したような状態では完全な除去が困難です。

つまり、症状が重度にまでいたっている場合の治療法は、確立していないというのが現状なのです。

そのため、そもそも発症させない、あるいはできるだけ早めに発見し、的確な治療をおこなうというのが、有効な対処法となります。

インプラント周囲炎の主な症状は?

インプラント周囲炎には、自覚症状が少ないため、以下のような症状をチェックし、違和感があったら早めの受診を心がけましょう。

 

・歯茎が赤く腫れる

・歯茎から出血する

・歯茎から膿が出る

・歯茎が痩せてきた

・インプラントのまわりに痛みや違和感がある

・インプラントがぐらつく

 

痛みやぐらつきがみられたら、かなり進行していると考えてください。

インプラント周囲炎の原因は?

 

歯周病は固いものにつく性質があり、歯と同じくインプラントにも付着し、繁殖します。そのため、通常の歯周病と同じように、ケア不足が主な原因となります。

 

メンテナンス不足

インプラント周囲炎の最大の原因は、メンテナンス不足です。

歯磨きなどのケアが不足していたり、年に数回の定期健診を受けていなかったりすると、汚れが取りきれず歯垢がたまってしまうのです。結果、歯周病菌が繁殖し、周囲の歯茎や骨にまで影響が及んでいきます。

 

インプラントの構造によるもの

インプラントはもともと、歯茎との間やパーツごとの隙間に汚れが入り込みやすくなっています。また、治療後の口内の変化などでズレが生じることもあります。

そこでメンテナンスに加えて、歯医者さんでの健診時に、ズレの調整をするなどの対処も大切になります。

 

喫煙

喫煙により、血流が悪化し炎症が起こりやすくなります。また、タバコに含まれる成分であるニコチンは、抵抗力を低下させる働きなどにより、歯周病を悪化させるともいわれています。

 

糖尿病などの全身疾患

糖尿病などの全身疾患が原因で抵抗力が下がり、歯周病にもかかりやすくなります。また、逆に歯周病が原因で、糖尿病を悪化させる可能性も指摘されており、お互いの関係性が深いことがわかってきています。

そのため、インプラントの治療前、治療後ともに、糖尿病については気をつける必要があります。

 

インプラント周囲炎の予防法は?

まずは口腔ケアへの意識を高めよう!

虫歯や歯周病で歯を失った場合、もともと疾患を起こしやすい素地があるということ。

歯磨きが苦手、歯医者さんが嫌いなどの場合、ケアへの意識を改めないと、せっかくのインプラントも無駄になってしまいます。

歯磨き、通院などの口腔ケアを欠かさないことが、インプラントを長持ちさせることにつながるのだと常に意識しましょう。

 

プラークコントロール

予防の基本は、原因である歯周病の繁殖をとどめることです。

歯垢(プラーク)は約2日で歯石に変わり、歯磨きでの除去が難しくなります。毎回の歯磨きを丁寧におこない、歯垢の段階で取り除くようにしましょう。

インプラントの種類や歯並びなど、人によって適した歯磨き方法も変わります。歯医者さんで受けた指導通りの歯磨きを心がけてください。

 

定期健診

年に数回の定期健診は必須です。具体的な頻度は、患者さんごとに案内があるはずなので、歯医者さんに確認しましょう。

主に以下について検査をおこないます。

 

・歯垢の有無

・歯茎の状態

・かみ合わせ

・顎の骨の状態

 

そのうえで、以下の処置をおこないます。

 

・PMTC(口腔クリーニング)

・かみ合わせの調整

・歯磨き指導

・食生活指導

 

かみ合わせのズレがある場合、人工歯を削ることもあります。また汚れがひどい場合は、一度人工歯を外して清掃することもあります。

インプラント周囲炎の治療法・6段階の分類

インプラント周囲炎の段階ごとの症状と、その治療法を分類した「CISTの分類」というものがあります。

インプラント周囲炎の一定の指針となるもので、歯医者さんの間で広く用いられています。6段階に分かれています。治療を受ける際の参考にしてください。

歯周ポケットは、歯肉溝ともいい、歯と歯茎の間の隙間のことです。インプラント周囲炎が進行するにつれて、この溝が深まっていきます。

骨吸収とは、歯を支える歯槽骨が失われることです。インプラントの周囲に起こりやすく、エックス線検査により進行度の診断をおこないます。

 

第1段階:歯周ポケット3mm以下・歯垢の付着なし・出血なし

早急な治療は不要で、定期健診で様子をみます。

 

第2段階:歯周ポケット3mm以下・歯垢の付着あり・出血あり

PMTCという、医師や衛生士による専門のクリーニングにより対処します。歯磨きなどでは落としきれない汚れや歯垢をきれいにして、予防効果のあるフッ素の塗布もおこないます。

 

第3段階:歯周ポケット4~5mm

PMTCに加えて、殺菌剤による洗浄をおこないます。

 

第4段階:歯周ポケット6mm以上・骨吸収2mm以下・歯垢の付着あり・出血あり

上記までの治療に加えて、全身、局所ともに抗菌薬を用いた対処をおこないます。

 

第5段階:歯周ポケット6mm以上・骨吸収3mm以上・歯垢の付着あり・出血あり

上記までの治療に加えて、外科手術をおこないます。歯茎を切開し内部の汚れを落としたあとに骨再生をする方法と、欠損した骨を切除したあとに歯肉を移動させる方法に分かれます。

 

第6段階:歯周ポケット6mm以上・骨吸収3mm以上・ぐらつきあり・歯垢の付着あり・出血あり

上記までの治療では修復困難な状態です。インプラントのぐらつきがみられ、自然と抜け落ちる危険もあります。いったんインプラントを除去する必要があり、そのあとに骨再生手術をすることもあります。

 

まとめ

インプラント周囲炎は、自覚症状がほとんどありませんが、着々と進行します。また、重度の場合の治療法は完全には確立されていないため、発症初期の治療がとても大切です。セルフケアと定期健診を欠かさないことが基本にして最重要なのです。

ここで紹介した情報も参考にしながら、末永くインプラントと付き合っていけるよう、必要なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP