歯周病は国民病!?多くの人が気づかないうちに歯周病になっている kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯周病は国民病!?多くの人が気づかないうちに歯周病になっている

日本人の約80%が歯周病になっている言わば国民病。「自分は大丈夫」と思っていても、その症状に気がついていないだけかもしれません。ここでは、歯周病の原因や症状、治療法までを詳しく紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

ゆっくりと確実に進行する恐ろしい病!歯周病とはどんな病気?

歯周病はとても一般的な歯の病気です。症状が悪化すると、歯を失い顎の骨を溶かしてしまうこともある恐ろしい病気なのです。ですが、歯周病の検査を受けて治療を行っているという人は少ないという傾向があるようです。

歯周病は、別名『サイレントキラー』と呼ばれており、気づかないうちにゆっくりと進行し悪化していく病気。また、厚生労働省が平成23年に行なった歯科疾患実態調査によると、30歳以上の約80%が歯周病にかかっているそうです。

国民的な病気となっている歯周病とは、どのような病気なのでしょうか?ここでは、歯周病の原因や症状、予防法などを紹介していきます。ぜひ参考にして下さい。

どんな症状?歯周病の症状と進行段階

ゆっくりと進行する歯周病は、いきなり症状が現れるわけではありません。歯周病の初期段階では自覚症状が少なく見逃してしまいがち。しっかりと症状を把握して、早期発見できるように心がけましょう。

歯周病の症状と進行段階

歯肉炎

歯肉炎とは、歯周病の前の段階。歯に歯垢が溜まってしまうと、歯垢に含まれる細菌が増殖し、歯茎が炎症を起こします。その歯周炎部分をブラッシングすると出血することも。また、歯と歯茎の間に2~3mmの歯周ポケットと呼ばれる隙間ができ、さらに歯垢が溜まって悪化するのです。

歯周病:軽度

歯肉炎を放っておくと、さらに歯茎の炎症がひどくなり歯周病へ発展します。歯周病は歯周ポケットが4~5mm開いた状態。細菌が歯周組織にまで入り込み歯根膜や歯槽骨を溶かしはじめます。

歯周病:中度

歯茎の炎症がさらに大きくなり、歯槽骨が半分程度溶けている状態です。歯の土台となっている骨が溶けてきているため、指で歯を押すと前後に動くようになります。歯周ポケットは6mm程度開いた状態。この頃から口臭がきつくなります。

歯周病:重度

歯槽骨が3分の2以上溶けてしまっている状態です。そのため、歯はグラグラ動くようになり、歯茎が下がってしまいます。歯茎が下がることで、歯根が顔を出し歯が伸びたように感じることもあるようです。歯周ポケットは8mm程度開いており、膿が発生し口臭がとてもきつくなります。さらに放置しておくと、大切な歯が抜けてしまうことも……。

歯周病には、このような症状があります。自分の大切な歯を守るためにも、症状に気がついた段階で歯周病を治療することが大切です。

どうして歯周病になるの?歯周病の原因とは?

冒頭でも少し説明したように、歯周病は誰もがかかりうる国民的な病気になっています。では、歯周病の原因とはなんなのでしょうか?一緒に確認していきましょう。

歯周病の原因

プラーク(歯垢)

歯周病の主な原因は、プラーク(歯垢)の中に潜んでいる細菌です。多くの人が勘違いしていると思いますが、プラーク(歯垢)は食べかす等ではありません。爪で歯の表面を引っかくと白または黄白色のネバネバしたものが取れます。それが、プラーク(歯垢)と呼ばれているものです。プラーク(歯垢)は細菌の集まり。とても粘着質でうがいをしても取れません。普段しっかりと歯磨きをしているつもりでも、プラーク(歯垢)は歯と歯などに入り込みそれが原因で歯周病になってしまうのです。

歯ぎしり・くいしばり

歯ぎしりやくいしばりが直接の原因になっている訳ではありません。しかし、歯ぎしりやくいしばりで、強い不可がかかるため歯根や顎の骨に負担をかけてしまいます。この時歯根や顎の骨にかかる負荷は約40~60kgとも……そのため、顎の骨の特定箇所のみが痩せていくことがあります。また、歯周病を悪化させる原因にもなるので注意が必要です。

タバコ

タバコを吸うと口の中の免疫力が低下するため、歯周病になるリスクが高まると言われています。事実、タバコを吸う人は、タバコを吸わない人に比べ歯周病にかかりやすいということが分かっていて、タバコを1日に10本以上吸っている人は歯周病のリスクが5.4倍になるようです。

その他、歯周病の原因とされるものは、

・歯の形に合っていない補綴物
・バランスの悪い食生活
・ホルモンバランスの乱れ
・薬の長期使用
・骨粗鬆症
・糖尿病
・口呼吸
・ストレス

などです。まずは、改善できそうな項目から生活を見直し、歯周病にならないように気をつけてみて下さい。

歯周病ってちゃんと治るの?

歯周病にかかってしまったら、症状がひどくなる前に治したいものです。でも、歯周病って治るのでしょうか?ここでは、歯周病の治し方【治療方法】を紹介します。

歯周病の治療方法

歯肉炎・歯周病:軽度

歯周炎や歯周病軽度であれば、日々のセルフケアでも治すことが可能です。きちんとブラッシングして、デンタルフロス等を使い歯と歯の間まで綺麗にしましょう。歯磨きを徹底することで、プラークコントロールができるようになり、次第に治っていきます。また、自分のブラッシングに自信がない人は、歯科クリニックで自分のブラッシング方法に問題がないか定期検診を受けることも可能ですよ。

歯周病:中度

中度になると、歯科クリニックで歯周病の治療することをおすすめします。歯科クリニックで中度の歯周病を治療する際の治療方法は2種類。

①スケーリング

『スケーラー』と呼ばれる歯科用器具を使い、セルフケアでは取り除けなかった歯垢や歯石を除去していきます。また、歯周ポケットに詰まった歯垢や歯石も、この方法で落とすことが可能です。スケーリングは、歯周病患者に行うメジャーな治療方法で、歯周病を予防する効果もあります。

②ルートプレーニング

スケーリングで落とせない歯根部分の歯石を、綺麗にする時にルートプレーニング治療を行います。ルートプレーニングでは、歯根部分を平滑にすることがメインです。歯根に歯石溜まりがデコボコしていると、そこに歯垢が溜まりやすくなり歯周病への悪循環になります。それを防ぐため、ルートプレーニングで綺麗にしていくのです。

歯周病:重度

歯周病が重度になっている場合、麻酔を使って処置することもあります。

フラップ手術

歯周病が重度になると、歯周ポケットがとても深くなっています。その中に詰まっている歯垢や歯石を取り除くために行うのがフラップ手術です。フラップ手術の内容は下記のとおりです。

①麻酔をして歯茎を切開し歯周病になっている箇所を剥離する
②歯周ポケットに溜まっている歯垢や歯石を除去する
③歯周病の炎症が原因で壊された歯槽骨を整形する
④剥離した歯茎を元に戻し縫合し完了

エムドゲイン療法

エムドゲイン療法は、歯周病で溶けてしまった歯槽骨や歯根膜などを再生させるために行う手術です。溶けてしまった歯槽骨や歯根膜などを再生するためにはエムドゲインゲルというタンパク質を歯根部分に塗布し再生させていきます。エムドゲインゲルは、豚の歯胚組織から作られたエナメルマトリックスデリバティブというタンパク質が主な成分です。エムドゲインゲルを歯根に塗布することで、歯が生えてくるときと似た環境を再現でき、再生を促します。エムドゲイン療法の内容は下記のとおりです。

①麻酔をして歯茎を切開し歯周病になっている箇所を剥離する
②歯周ポケットに溜まっている歯垢や歯石を除去する
③歯周病で溶けてしまった歯槽骨や歯根膜部分にエムドゲインゲルを塗布
④剥離した歯茎を元に戻し縫合し完了

歯周病はきちんと治療すれば治る病気です。しかし、症状がひどくなると、歯科クリニックでの治療が必要になります。また、放置し続けたら大切な歯を失う可能性も……。
日頃からきちんとセルフケアをして予防に努め、もし歯周病になったとしても早めに治療することで自分の歯を長く保つことができますよ。

予防や治療をしっかりして歯周病から歯を守ろう!

上記で紹介したような症状は出ていませんか?歯周病は、気がつかないうちに進行していく病気です。多くの人が歯周病になっているにもかかわらず、しっかりした治療を行っていません。歯周病の疑いがあるなら、歯科クリニックに行く必要があります。10年後も揃った歯を保ちたいのであれば、しっかりとプラークコントロールを行い、歯科医師に相談すると良いですよ。
自分の大切な歯を守るのは自分自身です。しっかり、歯周病を予防し、歯周病になったとしても早期発見・早期治療に努めて下さい。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP