骨が不足していてもインプラント治療ができる!GBR法とは? kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

骨が不足していてもインプラント治療ができる!GBR法とは?

インプラント治療ができない条件はいくつかありますが、最も多いのは骨が不足しているケースでしょう。土台となる骨の量が足りていないと、インプラントの安定が望めないのです。しかしGBR法という治療をおこなえば、足りない骨を作り出せるのでインプラント治療を諦めずに済むかもしれません。

ここでは、GBR法の治療の流れや費用・期間などについて、詳しく紹介します。骨不足でインプラントを断られた経験がある方など、ぜひ参考にしてください。

インプラントに十分な骨の量が必要な理由は?

インプラント治療を受けるためには、いくつかの条件が整っている必要があります。そのなかでも重要な条件の一つが、「十分な量の骨があること」です。

ここでいう骨とは、歯の根っこを支えている「歯槽骨(しそうこつ)」というもの。歯槽骨はインプラントを支える土台となるものなので、これが不足していてはインプラントを埋め込むことができないのです。また仮に埋めたとしても、結局支えきれずに脱落しかねません。

しかし、歯槽骨が不足してしまっている場合でも「GBR法」によって、インプラント治療ができる可能性があります。これは簡単にいうと、足りない歯槽骨を作り出すための治療法です。以下で、このGBR法について詳しくみていきましょう。

GBR治療とは?

GBRとは「Guided Bone Regeneration」の略称で、日本語では「骨誘導再生(こつゆうどうさいせい)」となります。日本語の名称からわかる通り、骨の再生を誘導してあげるための治療です。

骨を再生させたい部分に自分の骨、もしくは人工骨を移植。その後、移植した部分に「メンブレン」という特殊な人工膜をかぶせて覆い、骨が再生するのを待ちます。

 

主に自分の骨か人工骨を移植

GBR法は、移植した骨が定着するのではなく、新たな骨が作り出されるのを待つというのがポイントです。移植ではないので、自分の骨も人工骨も細かく砕かれた状態のものを使用します。

自家骨(自分の骨)を使用する場合には腸骨(ちょうこつ、骨盤の一部)、もしくは顎の骨を用いることが多いです。

人工骨には、ハイドロキシアパタイトやβ-TCPなどの材料が用いられます。ただし、骨の代用として定着する力はありますが、骨を再生させる「骨芽細胞(こつがさいぼう)」を誘導する力はないため、自家骨などと併用するのが一般的です。

 

人工膜「メンブレン」で骨の再生を促進

メンブレンとは人工の膜のことです。骨を移植した部分に歯肉が入り込むのを防ぎ、骨の再生を促すために使います。

歯肉の方が骨より再生スピードが早いため、メンブレンでガードしないと、骨より先に歯肉でスペースが埋められてしまうのです。

作る骨の量が少ない場合は、自然と人体に吸収されるもの、多い場合は、吸収されないものを使います。吸収されないメンブレンは、骨再生後に取り外します。

 

骨が再生するまでには3~6カ月

骨が再生してくれるまでには、だいたい3~6カ月の期間が必要になります。再生を促すとはいっても、無理やりに再生の速度を速めるような治療ではないので、気長に待ちましょう。また、この期間は治療している箇所にあまり刺激を与えないようにすることが大切です。デリケートになっていますので、十分に注意してください。

 

費用相場は5~15万円

GBR法による治療にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

目安を紹介するので、参考にしてください。

 

・5~15万円程度

 

GBR法は自由診療のため、医院ごとや、使う移植骨の素材によって大きく差が出ます。そのため、場合によっては上記の平均に当てはまらないこともあるでしょう。

そのようなときは、どんな理由で安いのか、もしくはどんな理由で高いのかを確認することをおすすめします。料金設定が曖昧な歯医者さんは、避けた方がいいかもしれません。

また、インターネットなどを活用して情報を集めてみるのも有効です。自分が住んでいるエリアの平均はどれくらいなのかがわかると、より歯医者さんが選びやすくなりますね。

GBR治療の流れ・同時にインプラントを埋める場合

GBR法には、インプラントを同時に埋める方法と、骨の再生を待ってからインプラントを埋める方法に分かれます。増やす骨の量が少なめな場合は同時に、多い場合は別々におこないます。

ここでは、同時に埋める方法について紹介します。

 

インプラントを埋める

「骨が再生する前にインプラントを埋めてしまうの?」と思ってしまいますが、ここで埋めたインプラントが支柱の役割を果たしてくれます。また、インプラントを埋めた状態から骨を再生させることによって、骨ができたあとにわざわざインプラントを埋める手術をしなくても済むのです。

 

足りていない分の骨を足す

インプラントを埋めたら、骨を足したい部分を自分の骨か人工の骨を補います。仕上げにメンブレンで覆い、ズレてしまわないようにピンで固定して歯肉を戻したらいったん完了です。個人差はありますが、3~6カ月ほど骨が再生するのを待ちます。

 

人工歯を装着する

十分な量の骨が再生され、インプラントが固定されていることを確認できたら人工歯を装着します。

これでGBR法からインプラントの埋め込みまでの治療が完了です。

上記は一例です。特に、人工歯が装着できるようになるまでの期間には個人差があるので注意してください。

 

GBR治療の流れ・先に骨再生のみをおこなう場合

続いて、骨再生を先におこない、あとからインプラントを埋める方法について紹介します。

 

不足部分に骨を入れる

骨が不足している部分に自分の骨か人工の骨を入れて、メンブレンで包んで固定します。

 

再生を待ちインプラント治療に進む

3~6カ月ほど待ち、骨が再生されていることを確認したらインプラントの埋め込みをおこないます。これ以降は通常のインプラント治療の流れとなるため、さらに数か月の治療期間が必要となります。

さらに、骨が大きく不足している場合は、何度かGBR治療をおこなうこともあります。

GBR法のメリット・デメリット

GBR法のメリット

 

・骨が足りなくてもインプラント治療ができる

 

歯槽骨の量が十分ではなくても、GBR法によって骨再生が可能となりました。従来であればインプラント治療を断られていたケースであっても、諦めずに済むようになったのです。

 

・インプラントを安定させられる

歯槽骨が足りていないのに無理にインプラントを埋めれば、すぐに不安定になってしまい脱落する危険もあります。インプラント治療においては、それだけ土台となる歯槽骨が大切な役割を果たしているのです。GBR法により必要な土台をしっかりと作れば、長期にわたるインプラントの安定が期待できます。

 

GBR法のデメリット

 

・治療期間が長くなる

骨の再生期間におよそ3~6カ月が必要となるので、その分どうしても治療期間が長くなってしまいます。インプラントの埋入を同時におこなえないケースでは、定着期間としてさらに数か月がかかってしまうため、心身ともに大きなストレスとなるでしょう。

 

・治療後、腫れや痛みがある

GBR法は手術を要するので、どうしても治療後に腫れや痛みを引き起こしてしまいます。ただ、これはGBR法をせずにインプラント治療を行った場合でも同じこと。必ず痛み止めを処方してもらえますので、適切に服用して乗り越えましょう。また、医師からの注意事項をきちんと守って生活することも大切です。

 

・高度な技術が必要

GBR法は高度な技術を必要とする治療法です。適切に、確実に治療をしていかないと細菌感染を引き起こす恐れなどがあります。だからこそ、GBR法を受ける際には慎重に歯医者さんを選ぶべきです。

 

まとめ

骨が足りずに一度はインプラントを諦めてしまった方でも、GBR法を使えば治療が可能になるかもしれません。気になる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

インプラント治療に関してはカウンセリングを実施している歯医者さんも多いので、その中でGBR法についても聞いてみてください。ただし、医師によって技術や知識に違いがあるため、歯医者さん選びも大切になります。

また、治療期間や費用も、通常のインプラント治療に加えてかかることもあるので、不安なことは医師に確認し、納得してからGBR法を受けるようにしましょう。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP