インプラントを長期的に使うコツは歯磨き粉にあった! kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントを長期的に使うコツは歯磨き粉にあった!

インプラントのケアは定期的に行う必要があります。特にお手軽な方法として歯磨きがあり、使用する歯磨き粉を変更するだけでも効果があります。歯磨き粉にも色々な種類が存在しているので、選び方を学んで自分に適した物を使用するようにしましょう。

歯磨き粉選びも重要

歯磨きによるデンタルケアの効果を最大限に引き出すアイテム、それこそ歯磨き粉です。歯ブラシ同様、多くの種類が販売されて選ぶ方も困る程です。定番はミント味の爽やかな風味ですが、フッ素や研磨剤など、含まれている成分には違いがあります。どのような商品が良いのか、比較しながらみてみましょう。

歯磨き粉は目的に合わせて選ぶ

歯磨き粉と言っても、メーカーや商品のコンセプトによっては含まれている成分も違います。私達が良く目にする大手メーカー品の商品なら、ドラッグストアやコンビニでも購入できますが、中にはオーガニックにこだわって作られた歯磨き粉もあります。これだけ多くの商品があるのなら、目的別に使い分けて自分なりのアイテムを見つけてみても良いでしょう。

虫歯予防なら ライオンのデントチェックアップ

株式会社ライオンから販売されている、歯科専売品の歯磨き粉です。注目するべき成分はカチオン化セルロースです。

カオチン化セルロースは歯に引っ付いて、フッ素を表面に引き付けます。その結果、フッ素が歯に滞る力がアップし、歯の再石化が促進され虫歯予防効果がアップするのです。

引用元:お口の専門店|カチオン化セルロースの「チカラ」

歯肉炎予防なら 鳳凰堂の薬用オレノデバンデンタルペースト

この歯磨き粉には、殺菌効果に優れた熊笹エキスが配合されています。

オレノデバン デンタルペーストは、TWEBS(クマザサエキス(湿潤剤))を配合した、歯周病(歯槽膿漏)、歯肉炎を予防し、口中を浄化して口臭を防ぐ薬用歯磨きです。

引用元:生活発掘倶楽部|商品説明

口臭予防なら セラブレスのトゥースジェル

世界中に愛用者がいる歯磨き粉で、愛煙家からも支持されているのがセラブレスのトゥースジェルです。

歯磨きとしてはもちろん、舌の汚れ落としにも最適なジェルです。酵素の力で口臭を予防する、ClO2製剤入り。愛煙家の方でも口臭がなくなるという、驚きの効果も多数報告されています。寝起きのお口の不快感を消したい方にもオススメ。

引用元:ホワイトニングWhy?|息スッキリの口元美人に!市販で買える歯磨き粉まとめ20選【口臭ケア編】

色素沈着予防なら クリアクリーンホワイトニング

コーヒーや紅茶による着色汚れから、たばこのヤニ汚れまで幅広く除去してくれる歯磨き粉です。

毎日の着色汚れを落として、本来の白い歯に。ホワイトリセット顆粒*1(清掃剤)が、着色汚れや歯垢をすっきり落とします。

引用元:花王株式会社|クリアクリーンホワイトニング

案外知らない歯磨き粉の正しい使い方

意外にも多くの方が、正しい歯磨き粉の使い方を知らずに毎日利用しています。口内環境を正常化するなら、正しい使い方をマスターしてインプラントのメンテナンスに役立てましょう。

歯磨き粉の量

メーカーや歯科医の指導でバラつきはあるものの、平均的な量は歯ブラシの1/3程、米粒大の量でも充分に歯磨き粉の効果を発揮してくれます。多く出せば泡立ち過ぎて、どこを磨いているか見えなくなるので注意しましょう。

歯磨き粉の有効成分

商品によって、含まれている有効成分に違いがあります。虫歯予防を目的とした歯磨きなら、フッ素配合がおすすめです。有効成分の濃度は、商品の成分表に記載されています。フッ素なら950ppm以上を目安に選ぶと虫歯予防の効果が期待できます。

歯磨き粉に含まれるフッ素とは?

歯磨き粉に含まれている有効成分の中でよく耳にするのが「フッ素」ですが、どのような働きをしてくれるのか漠然としたイメージではないでしょうか?ここでは、フッ素がどのような働きをしてくれるのか見ていきます。

そもそもフッ素って何?

歯磨き粉に含まれている有効成分の1つで、原子番号9の元素(F)として存在します。海藻や魚介類、お茶など私達が普段口にする物にも含まれている成分です。

何故フッ素が歯に良いのか?

①再石灰化の促進
②歯質の強化
③細菌の酸産生抑制

上記3つの効果がフッ素にあるとされ、口内トラブル全般に有効となっています。毎日使う歯磨き粉なら、フッ素の効果を持続させるのに適しています。また、私達の口内では1日中、脱灰と再石灰化が繰り返し行われていますが、食後の歯磨きでこのサイクルバランスを保つことができます。

インプラントの歯磨き粉選びは注意が必要!

自宅でのデンタルケアに欠かせない歯ブラシや歯磨き粉ですが、インプラントを埋入した後も通常と同じ磨き方や商品選びで良いのか気になるところです。そこで、インプラント後の歯磨きの注意点や綺麗に磨けるコツを紹介していきます。

ローリング法とスクラビング法で磨き分け

ローリング法で歯全体の歯垢を搔き出していきます。半回転の動作を繰り返し、上下優しく磨いていきます。その後で、細かな振動を加えて磨くスクラビング法に切り替えていきます。バス法のように毛先を歯肉の間に差し込まないように注意しましょう。

歯磨き粉はジェルタイプがオススメ

市販の歯磨き粉の多くは粒子が荒いペースト状になっていますが、インプラントを埋入した方には不向きです。この粒子の正体は「研磨剤」であり、歯垢やステインの除去を対象に効果を発揮します。しかし、粒子が歯茎とインプラントの隙間に入ると、炎症の原因になってしまいます。歯科でもインプラント手術後には歯磨き指導が行なわれるでしょうから、医師のアドバイスに従い専用の歯磨き粉を使用しましょう。オススメのインプラント用歯磨き粉は、コンクールブランドから発売されている、ジェルコートIPです。

インプラントは天然歯に比べて感染に弱く、構造も異なります。
ジェルコートIPは、インプラントのことを考えた歯みがき剤。
トラブルを予防し、インプラントを永く保ちます。

引用元:ConCool|インプラント使用の方へ

内容量90gの本体価格は税抜きで1,000円。数多くの歯科でも推奨されています。

フッ素入りとフッ素無しならどちらが最適?

虫歯予防には有効とされるフッ素ですが、インプラントにとっては腐食を招く原因成分となってしまいます。インプラントの表面に加工されている酸化膜に、フッ素が付着すると酸化が起こり腐食してしまいます。市販の歯磨き粉を選ぶ時は、できるだけフッ素の配合量が少ないものから選びましょう。
ただし、上記の内容は実際に口腔内で実験が行なわれてないので、化学的な根拠もないようです。ですから、日本口腔衛生学会では、天然歯が残っている限り、インプラントをしている人にもフッ化物配合の歯磨き粉を勧めています。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP