インプラントと歯周病の関係性~口内環境を整えるために~ kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントと歯周病の関係性~口内環境を整えるために~

歯周病がある状態だと、インプラントによって悪影響を及ぼす可能性があります。インプラント歯周炎などにもなりやすくなりますので、きちんとした対策を行ってからインプラントを受けるようにしましょう。

インプラント歯周炎とは

インプラントは第三の歯と呼ばれる程耐久性が高いですが、メンテナンスが不十分だとトラブルが発生することもあります。オーラルケアが不十分な場合はインプラント歯周炎と呼ばれる症状が発生します。ここではインプラント歯周炎に関して詳しくみていきます。

インプラント歯周炎とは

インプラントはチタンやセラミックなどで作られていますので虫歯になる心配はありませんが、周囲にある歯茎が歯周炎になる可能性があります。毎日のオーラルケアが不十分で、磨き残しがあるとインプラントの根元に歯垢が溜まり炎症が起こってしまいます。このような症状のことをインプラント歯周炎と言い、進行するとインプラントの土台となる骨が溶けてしまい、ぐらつきや脱落が生じてしまいます。

天然歯よりも歯周病のリスクが高い

天然歯と歯肉の間には歯根膜という組織があり、常に血液が供給されているため免疫力が高いです。そのため、細菌による感染がおこりづらく、炎症も起こりにくいです。一方でインプラントと歯肉の間に歯根膜が存在しないため、免疫力が低く細菌に感染しやすいです。

プロによるメンテナンス

どれだけ丁寧にブラッシングを行っても、口内の汚れを完全に取り除くのは難しいです。歯垢が蓄積するとインプラント歯周炎になってしまいますので、定期的に歯科に行って口内の清掃を行ってもらいましょう。歯科では専用の清掃機器を使って、徹底的に歯垢を除去してもらうことができます。

インプラントは口内トラブルが起こりにくいという印象を持っていましたが、歯周病に関しては感染しやすいということが分かりました。良いコンディションでインプラントを使い続けるためにも、定期的に歯科に行ってメンテナンスを受けたいと思います。

メンテナンスを怠るとどうなる?

インプラントは自然な噛み心地や優れた審美性といったメリットばかりに注目が集まりがちですが、その一方で天然歯よりも丁寧にメンテナンスを行う必要があるという側面もあります。メンテナンス不足によるトラブルは、インプラント歯周炎によるトラブルと、部品の不具合によるトラブルの二つに分けられますので、それぞれを詳しくみていきましょう。

インプラント歯周炎によるトラブル

歯茎の腫れ・出血

天然歯に比べると、インプラントの方が細菌に対する抵抗力が弱く、感染を引きおこしやすいです。ブラッシングが不十分だったり、メンテナンスを怠ったりするとすぐに細菌が感染したことによる炎症が生じて、腫れや出血といった症状が現われます。

インプラントが折れる・抜ける

腫れや出血といった症状が出たまま放置していると、症状が進行していきます。インプラントの周囲にある歯肉が退縮しはじめ、徐々に土台となる骨が溶かされていき、インプラントが折れたり脱落したりしてしまいます。

上顎洞炎(じょうがくどうえん)を引き起こす

歯の上側にインプラント歯周炎が発生し、悪化すると鼻の脇にある上顎洞という骨の空洞に炎症が広がってしまいます。患部に腫れや痛みが生じ、化膿すると慢性的な鼻づまりや鼻穴からの排膿(はいのう)が生じます。

部品のトラブル

アバットメントの緩みによるぐらつき

長い間使い続けているうちに、人工歯とインプラント本体を繋ぐアバットメントという部品のネジが緩んできます。インプラントは骨にしっかり固定されていても、人工歯の部分がぐらつくようになってしまい、食事の際の噛み心地に悪影響を及ぼします。

噛み合わせの悪さや痛み

天然歯の場合は、歯茎を覆っている歯根膜がクッションとなって咀嚼(そしゃく)の際にかかる圧力を和らげています。しかし、インプラントの場合は歯根膜がないので、噛んだ時の圧力がダイレクトに伝わります。使用しながら角度や噛み合わせの調整を行なわないと、痛みや噛み合わせが悪くなります。

人工歯が欠ける

インプラントのメンテナンスとして重要な噛み合わせの調整を怠ると、人工歯に加わる力のバランスが悪くなってしまいます。セラミックなどの強度が弱い素材を使っていた場合は、過度に力が加わった部分が欠けてしまう可能性があります。噛み締めや歯ぎしりといったクセで人口歯が欠けることもあるので、対策をする必要があります。

インプラントはメンテナンスを怠るとこのようなトラブルが発生するということが分かりました。しっかりメンテナンスをすれば、成功率は90%を超えるようなので、費やしたお金と時間を無駄にしないよう定期的に歯科へ通おうと思います。

口内環境を整えてトラブルを防ごう

インプラントは細菌による感染に弱いので、手術を受ける際には徹底的に口内の環境を整える必要があります。虫歯や歯周病などがある場合は、しっかり治療を済ませてから行なうのが安全です。虫歯で全て歯を失った場合でも、骨の状態や健康状態によっては治療を受けることができますので、日頃の体調管理もやはり重要です。
そして、治療を行った後には徹底的なセルフケアと、歯科によるメンテナンスが必要不可欠のようです。年々の歯科技術は高まっており、手をかけてしっかりメンテナンスをすれば、それに応えるように長く使い続けるようになります。

私もせっかく取り戻した第三の歯を失わないように、愛情込めてメンテナンスを継続していこうと思います。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP