美容診療の口コミ&評判と歯医者比較|kiki DENTAL(キキデンタル)

矯正 KYOUSEI 矯正 KYOUSEI

矯正

矯正歯科(歯列矯正)をおこなう歯科医院/歯医者をご紹介。 矯正歯科専門のクリニックや病院を探すなら、kiki DENTAL(キキデンタル)。 矯正歯科(歯列矯正)などキーワードでの検索に加え、口コミ・ランキング情報も掲載。 全国の矯正歯科(歯列矯正)専門または矯正歯科(歯列矯正)治療対応の歯科医院/歯医者探しをサポートします。

歯を美しくするための美容歯科比較サイト

当サイトは、RIZAP(ライザップ)監修の下に運営されています。 歯を美しく健康に保つことは、見た目の自信を向上させるだけでなく、健康的な身体づくりにも影響します。 kiki DENTAL(キキデンタル)では、全国の美容診療の情報を体験者のクチコミとランキングで掲載。 「美しく輝く理想の自分へ」。RIZAP(ライザップ)厳選の美容診療医院/歯医者を掲載しています。

当サイトは、RIZAP(ライザップ)監修の下に運営されています。 歯を美しく健康に保つことは、見た目の自信を向上させるだけでなく、健康的な身体づくりにも影響します。 kiki DENTAL(キキデンタル)では、全国の美容診療の情報を体験者のクチコミとランキングで掲載。 「美しく輝く理想の自分へ」。 RIZAP(ライザップ)厳選の美容診療医院/歯医者を掲載しています。

What's矯正歯科とは

矯正歯科とは、矯正装置を使用し歯並びを美しく整える治療を行うことです。
歯並びの矯正というと子供のうちにおこなうもの、というイメージがありますが、大人になってからの矯正歯科も可能です。

矯正歯科に使われるブラケットについて

矯正歯科につきものの、ブラケットと言われる歯の前側に装着するワイヤーの通った装置が目立って嫌、という声を聞きます。
最近ではブラケットの種類が増え、ワイヤーの目立たない白や透明なブラケットや、舌側矯正装置と呼ばれる、歯の裏側に装着するブラケットなどもあります。

【金属ブラケット】
一般的なワイヤー矯正です。歯の表面にブラケットという装置を取り付け、ワイヤーを通して歯並びを治していく矯正歯科になります。

【審美ブラケット】
ブラケットが目立たないように、白や透明のブラケットを使用したワイヤー矯正の事を審美ブラケットと呼びます。ブラケット自体は、目立たなくなりますが、その他の装置は目視できます。

【セルフライゲーションブラケット】
通常のブラケット矯正の場合、ブラケットとワイヤーとの間に生じる摩擦があり、痛みが強い矯正治療となっていました。しかし、セルフライゲーションブラケットは、ブラケットとワイヤーの摩擦を軽減させた装置を使うので、痛みが少なくスピーディに矯正が行える矯正方法です。

矯正治療の歴史

矯正治療の歴史はとても古く、3,000年以上前から行われています。実際にイタリア半島の地中から、下顎に矯正器具を装着したエトルリア人の少女の頭蓋骨が発見されています。古代ローマの前身である、エトルリア文化の時代に行われていた矯正は、下顎の左の小臼歯から右の小臼歯まで、金のバンドで固定していたそうです。現在のような矯正治療が確立されたのは、1700年頃と言われています。

矯正治療のメリットとは

では、矯正治療のメリットとは、何なのでしょうか?
・矯正歯科治療を行う事で、見た目が良くなる
・ブラッシングしやすくなるので、虫歯や歯周病の発生を予防でき、歯の寿命が延びる
・噛み合わせがよくなるので、きちんと咀嚼でき消化器官の負担が減る
・顔のラインがスッキリする
などがあります。
矯正歯科は、見た目にも身体にもメリットが多いのです。

矯正治療の種類

次に、矯正治療の種類を確認してみましょう。矯正治療の種類は下記の通りです。

【裏側矯正】
通常、歯の表面に装着するブラケットを、歯の裏側に取り付けて矯正歯科を行う方法であり、「リンガルブラケット」「舌側矯正」と呼ぶこともあります。ブラケットを歯の裏側に付けるため、金属ブラケットよりも目立たせずに矯正歯科を行う事が可能です。

【ハーフリンガル矯正】
通常のブラケット矯正と裏側矯正を併用して行う矯正歯科になります。上の歯は裏側矯正、下の歯は通常のブラケット矯正で行う方法です。

【マウスピース矯正】
ブラケットやワイヤーを使用せず、透明なマウスピースを歯に装着して行う矯正歯科です。矯正歯科の種類の中でも1番目立たせずに治療することができるため、人気があります。

矯正歯科に痛みは付きものと思っている方が多いかも知れませんが、現在は痛みを軽減する矯正器具が開発され、矯正方法もたくさんあります。 痛みを感じない為の対策として、口腔内の温度によって伸縮する形状記憶型のワイヤーや、従来のワイヤーよりも細いワイヤーを使用して矯正歯科を行うことも可能です。 歯医者で対応できる痛みの軽減方法は、ブラケットワックス、ソフトプレート、高周波治療などがあります。 自宅でできる痛みの軽減方法は、電動歯ブラシで歯茎をマッサージする、食塩水でうがいをする、痛み止めを服用するなどがあります。

Case治療例

実際に矯正歯科を行った治療事例集を掲載しております。
具体的なお悩みや希望内容、治療にかかった料金、医師からの見解や治療内容の詳細などを写真付きの矯正歯科治療事例として掲載しております。

痛みが少ない矯正歯科で歯並びを治したい

  • 年代:40代
  • 性別:女性
  • 症状:出っ歯を治したい
  • 見積もり:1,265,000円

この患者様は、前歯が出ていることを気にして来院されました。
以前から矯正歯科に興味が合ったようでしたが、痛いと聞いていたので中々治療を受ける決意ができなかったようです。

しかし、痛みの少ない矯正歯科があるという話を聞いたの で、その治療方法(インビザライン)で歯並びを治したいというご希望でした。 インビザラインの流れを一通り説明し、了解を得た上で精密検査を行い矯正完了後の予測 模型を作成。それをもとに、治療計画を説明しました。

また、前歯を内側に引っ込めるためには、その分のスペースを確保しなければならないので、上顎の奥歯を抜歯し、インビザライン矯正を行いました。できるだけ早く、治療を終えたいとのご希望だったので、奥歯の方にワイヤーも併用して 治療。受診も1ヶ月毎に行ったので、約2年で矯正完了となりました。

当初から気にされていた痛みに関しても少なく、患者様がとても喜ばれておりました。

目立たない矯正歯科を行いたい

  • 年代:20代
  • 性別:女性
  • 症状:前歯の歯並びが悪い
  • 見積もり:800,000円

前歯の部分を綺麗にしたいと来院された患者様です。 矯正歯科を行いたいが接客業をしているため、極力目立たない治療がしたいと希望していました。

X線・写真診断を行い、模型を用いて治療内容を説明。目立たない矯正歯科ということで、ブラケットにはセラミック、ワイヤーは審美ワイヤーをつかって矯正を行いました。
2週間に1回の通院も毎回欠かさず通って頂き、治療を完了しました。 矯正後は後戻りもなく、満足しているようです。

矯正歯科を行ったことで、自信を持って接客できるようになったと笑顔で話をされていたのが印象に残っています。

FAQよくある質問

矯正歯科に関するよくある質問を歯医者さんに聞きました。
同じ質問でも回答例が歯科医院によって異なる場合があり、それぞれの歯科医院の特徴や考え方がわかります。

矯正歯科を検討中の方はぜひご覧になってください。

Q.矯正で歯を抜きますか?

A.歯並びや顎の大きさ次第で、抜歯を行うかどうかを判断しています。できるだけ抜歯を行わない方針の歯科医院が多いのですが、どうしても抜歯が必要な場合は、きちんと患者様に説明し、納得して頂いた上で抜歯を行います。

EDITOR & EXPERT COLUMN編集部&専門家コラム

矯正 コラムランキング

歯科医師が監修している矯正歯科に関するコラム集です。 コラム集では、矯正歯科の治療方法や治療費、矯正歯科のメリットなどの情報を掲載しています。 人気のコラムランキングや、関連コラム検索などもあるので、「見たい・知りたい」情報を簡単に探す事が可能です。

RESERVATION問い合わせ・受付

オンライン受付

歯科医院へのオンライン受付

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

矯正について

矯正歯科(歯列矯正)とは、歯並びや噛み合わせを改善するための治療法です。 歯並びを整えることは見た目の印象を良くするだけでなく、虫歯や歯周病になるリスクを減らします。 治療法には、歯にブラケットと呼ばれる装置にワイヤーを通して矯正する「ワイヤー矯正」や、 透明なプラスチック製の矯正装置を歯に被せる「マウスピース矯正」があります。 矯正歯科の治療期間は症状により異なりますが、ほとんどの場合数年はかかるといわれています。

矯正歯科(歯列矯正)とは、歯並びや噛み合わせを改善するための治療法です。 歯並びを整えることは見た目の印象を良くするだけでなく、虫歯や歯周病になるリスクを減らします。 治療法には、歯にブラケットと呼ばれる装置にワイヤーを通して矯正する「ワイヤー矯正」や、 透明なプラスチック製の矯正装置を歯に被せる「マウスピース矯正」があります。 矯正歯科の治療期間は症状により異なりますが、ほとんどの場合数年はかかるといわれています。

では、矯正歯科の流れを、確認してみましょう。

1.歯型採取・精密検査を受ける
2.歯型や検査結果をもとに矯正計画を立てる
3.矯正装置を作成、取り付け治療を始める
4.定期検診・矯正器具の調整
5.矯正完了

上記が、矯正歯科の主な流れになっています。
次に、矯正歯科にかかる平均的な期間や相場を確認してみましょう。

【ブラケット矯正】
治療にかかる平均期間:約2~3年程度/費用相場:約60万円~80万円
【裏側矯正】
治療にかかる平均期間:約3年程度/費用相場:約100万円~150万円
【部分矯正】
治療にかかる平均期間:約半年~1年程度/費用相場:約15万円~80万円
【マウスピース矯正】
治療にかかる平均期間:約1~2年程度/費用相場:約50万円~100万円

紹介した矯正期間や費用は、あくまでも目安です。
歯並びは、個人差があるので、参考程度に確認して下さい。
矯正歯科は、治療が長期間になる場合が多いので、歯科医院選びは慎重に行って下さい。 歯科医院選びのポイントは、技術ありきになりますが話しやすさも大切です。 自分の意見をしっかりと聞いてくれ、治療に取り組んでくれる歯科医師を探すことで、不安を取り除き、矯正に専念することができます。 当サイトを利用して、貴方にピッタリの歯科医院を見つけて下さい。

続きを読む

PAGE
TOP