美容診療の口コミ&評判と歯医者比較|kiki DENTAL(キキデンタル)

ホワイトニング WHITENING ホワイトニング WHITENING

ホワイトニング

ホワイトニングをおこなう歯科医院/歯医者を掲載。 ホワイトニング専門のクリニックや病院を探すなら、kiki DENTAL(キキデンタル)。 ホワイトニングなどキーワードでの検索に加え、口コミ・ランキングなどで絞れば、知りたい情報がきっと見つかります。 全国のホワイトニング専門またはホワイトニング治療対応の歯科医院/歯医者探しをサポートします。

歯を美しくするための美容歯科比較サイト

当サイトは、RIZAP(ライザップ)監修の下に運営されています。 歯を美しく健康に保つことは、見た目の自信を向上させるだけでなく、健康的な身体づくりにも影響します。 kiki DENTAL(キキデンタル)では、全国の美容診療の情報を体験者のクチコミとランキングで掲載。 「美しく輝く理想の自分へ」。RIZAP(ライザップ)厳選の美容診療医院/歯医者を掲載しています。

当サイトは、RIZAP(ライザップ)監修の下に運営されています。 歯を美しく健康に保つことは、見た目の自信を向上させるだけでなく、健康的な身体づくりにも影響します。 kiki DENTAL(キキデンタル)では、全国の美容診療の情報を体験者のクチコミとランキングで掲載。 「美しく輝く理想の自分へ」。 RIZAP(ライザップ)厳選の美容診療医院/歯医者を掲載しています。

What'sホワイトニングとは

ホワイトニングとは歯を白く美しくするための治療です。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。
多くの場合、薬剤やホワイトニング剤を利用して歯を削らずに白くする治療を言います。

オフィスホワイトニングの場合、歯科医院に通わなければならない手間はありますが、短期期間で効果でやすく、結婚式やイベント前などにおすすめの方法です。
また、自宅で行うホームホワイトニングは効果がでるまでに時間はかかるものの、自宅で行える手軽さと、歯の白さが戻りにくいという特徴があります。

また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせておこなう場合もあります。

ホワイトニングの歴史

「ホワイトニング」と聞くと、最近からあるような印象があるかも知れませんが、実際は1844年頃から研究が開始されています。 一番初めに用いられた薬剤は「ミョウバン」でした。

しかし、なかなか効果が得られなかったため、1977年から「酸」が使用されるようになりました。酸を使い、歯の表面のエナメル質を溶かすことで歯を白くしていました。今考えるとビックリするような方法です。

「薬剤を塗った歯に光を当てる」現在のよう方法は、1918年に日光浴を行っていたDr.Kulsmierによってたまたま考案されました。
そして、1968年には過酸化尿素を用いた「ホームホワイトニング」の原型ができます。実用化は1989年ですが、その間Dr.MunroのグループとDr.Haywood&Dr.Heymanのグループにより、過酸化尿素(それまで歯肉炎の治療に使用されていた)には「歯を白くする作用がある」ということが発表されます。

その後、Dr.Haywood&Dr.Heyman の研究をもとに、世界初のホワイトニング剤「White&Brite」がOmni社(後に3M社が吸収)から発売されました。 オフィスホワイトニングは、1991年にDr.Freedmanにより開発されました。

そして、アメリカにある松風が「Hi-Lite」として発売しました。これが現在のオフィスホワイトニングの原型になっています。 オフィスホワイトニングは、その後もハロゲンライト・レーザー・プラズマ・LEDとどんどん進化を続けています。

ホワイトニングのメリット

一口にホワイトニングと言っても、施術方法にはいくつか種類があります。「どのような施術方法があるのか見ていきましょう。ホワイトニングのメリットも併せて紹介します。

オフィスホワイトニング

高濃度のホワイトニング剤と特殊な光を用いるオフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士に行ってもらうため、安全かつ高い効果を期待できる点が特徴です。自分で行う手間がなく、短期間で「目指す白い歯」にすることが可能です。

歯の状態(虫歯の有無、歯の白さなど)と用いる薬剤と機器によって、ホワイトニングに必要な期間と効果が異なります。アルゴンレーザー、スピードホワイトニング、ハロゲンライト、LED、FAPホワイトニング、ブライトスマイル、ビヨンド、ZOOMといった多くの種類があります。

ホームホワイトニング

自宅で行うのがホームホワイトニングです。専用のマウスピースを歯科医院で作ってもらい、その中にホワイトニングの薬剤を入れて、就寝前に2時間ほど装着します。既製のマウスピース付きホワイトニング剤も販売されていますが、基本的には歯科医院で自分の歯型に合わせたオリジナルのマウスピースを作ってもらいます。オリジナルのマウスピースを使用すれば、より確実に高い効果を得られます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。まず、歯科医院でオフィスホワイトニングを行った後に、自宅でホームホワイトニングを行います。オフィスホワイトニングだけ、あるいはホームホワイトニングだけで行うよりも短期間で効果を得られ、色の後戻りもしにくいのが最大の特徴です。

スピードホワイトニング

400ナノメートル付近の波長を3倍に増幅したハロゲンレーザーや、プラズマアークライト、キセノンランプなどの高出力機器を用いて行う施術方法です。ホワイトニング剤を活性化させることで、短時間で効果的に歯を白くすることができます。平均1~2回で、カラーガイド3~5段階ほど白くなります。

従来は歯1本ずつに光を当てていましたが、近年では光を拡散させる「クリスタルトップ」を使い、短時間でより高い効果を得ています。

ホワイトニングの痛みについて

ホワイトニングでは、歯の黄ばみの原因となっている色素を分解するために、高濃度の薬剤を用います。主な成分として知られているのが「過酸化水素」です。この薬剤の成分が歯に浸透する際に感じるのが、ズキズキとした痛みです。

また、薬剤は歯に「う蝕(虫歯)」や摩耗などの「ダメージ」があるとそこにしみて、強い痛みを感じることがあります。そのため、虫歯があれば虫歯治療から行い、その後でホワイトニングをします。 従来のホワイトニングでは痛みを感じることがほとんどでしたが、近年は「痛くないホワイトニング」も登場しています。

「分割ポリリン酸」という生体成分や「クリスタルのマイクロパウダー」を使ったものなどです。その他にも、麻酔薬や痛み止めを配合したホワイトニング剤が使われることもあります。 このような方法でホワイトニングを行えば、従来のような痛みを感じることなく、歯を白くすることが可能です。

Case治療例

実際にホワイトニングを行った治療事例集を掲載しております。
具体的なお悩みや希望内容、治療にかかった料金、医師からの見解や治療内容の詳細などを写真付きのホワイトニング治療事例として掲載しております。

ホワイトニングの症例

「前歯と横の歯の色の差をなんとかしたい」(30代/女性)


結婚式が2ヵ月後に迫っていたため、以前から気になっていた「前歯1本だけの黄ばみ」を治してもらいました。私が選んだ歯科医院では、「パーフェクトホワイトニング」という方法が実施されていました。これは、歯科医院と自宅の両方で行うホワイトニング方法です。

このホワイトニングを受けて、約1ヵ月で歯の色が均等に白くなったのには驚きました!歯が綺麗になったお陰で、自信を持って純白のウエディングドレスを着ることができます。ホワイトニングをして本当に良かったです。

FAQよくある質問

ホワイトニングに関するよくある質問を歯医者さんに聞きました。
同じ質問でも回答例が歯科医院によって異なる場合があり、それぞれの歯科医院の特徴や考え方がわかります。

ホワイトニングを検討中の方はぜひご覧になってください。

Q:診察前にカウンセリングを受けたいのですが

A:当院では、ホワイトニングの施術を行う前に、まずは患者様の要望をしっかりとお聞きしています。虫歯がないか調べることも怠りません。カウンセリングでは治療に関する説明をきちんと行いますので、ホワイトニングが初めての方でも安心して受けていただけます。

EDITOR & EXPERT COLUMN編集部&専門家コラム

ホワイトニング コラムランキング

コラムを読んでホワイトニングに詳しくなろう

「ホワイトニングについて興味があるけれど、未だあまりよく知らない」という方は、 ホワイトニングに関するコラムを読んでみて下さい。 コラムでは、ホワイトニングの費用や治療方法など、より具体的な情報を紹介しています。

RESERVATION問い合わせ・受付

オンライン受付

歯科医院へのオンライン受付

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯磨きでは落とせない着色汚れを薬剤やレーザーを使用して歯を白くすることです。 歯のホワイトニングには歯科医院/歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と、 自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類あります。 即効性かつ安全性が高いといわれているのが「オフィスホワイトニング」になり、 1度の施術で効果が表れやすく、手間もかかりません。 しかし、保険適用外になるため1回の費用はおよそ10,000円~30,000円はかかる場合が多いそうです。

ホワイトニングとは、歯磨きでは落とせない着色汚れを薬剤やレーザーを使用して歯を白くすることです。 歯のホワイトニングには歯科医院/歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と、 自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類あります。 即効性かつ安全性が高いといわれているのが「オフィスホワイトニング」になり、 1度の施術で効果が表れやすく、手間もかかりません。 しかし、保険適用外になるため1回の費用はおよそ10,000円~30,000円はかかる場合が多いそうです。

ホワイトニングの相場や流れなどについて

ホワイトニングの相場や治療の流れ、治療期間、歯科の選び方などについて紹介します。

ホワイトニングの相場

【ホームホワイトニングの場合】

ホワイトニングを専門に行っている歯科(美容診療など)でおよそ15,000円~35,000円、 保険診療ではおよそ20,000円~40,000円となっています。

【オフィスホワイトニングの場合】

ホワイトニング専門歯科(美容診療など)で1回およそ5,000円~30,000円、 保険診療では1回およそ30,000円~50,000円となっています。
ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングもともに、 ホワイトニングを専門に行っている歯科医院で受けると費用を抑えることができます。

ホワイトニングの治療の流れ

【ホームホワイトニングの場合】

1. カウンセリング
2. マウスピースの型取りと作成
3. マウスピースとホワイトニングジェルを受け取る
4. 自宅でホワイトニング
5. セルフチェック
6. カウンセリング

【オフィスホワイトニングの場合】

1. カウンセリング
2. 歯のクリーニング
3. 歯肉保護
4. ホワイトニング剤塗布
5. ライト照射
6. ホワイトニング剤除去
7. カウンセリング

オフィスホワイトニングでは、歯肉を保護しながら高濃度のホワイトニング剤を塗布し、 さらにホワイトニング剤の効果を引き出す特殊なライトを照射します。 そのため、ホームホワイトニングよりも高い効果を期待できます。 短期間でより歯を白くしたい場合は、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用することで早く効果が現れます。

ホワイトニングの期間

【ホームホワイトニングの場合】

最短1週間で効果が現れます。効果の持続期間は、およそ6ヵ月~1年です。

【オフィスホワイトニングの場合】

白くなるまでに必要な期間は、最短で1日です。 施術を受けて直ぐに白さを実感することができます。 効果の持続期間は、およそ3ヵ月~6ヵ月です。

ホワイトニングを受ける歯科の選び方

歯科選びのポイントは、主に以下の5つです。 できるだけ全ての条件を満たしているところを選ぶようにしましょう。

【歯科選びの5つのポイント】

1. 料金が明確
2. カウンセリングが丁寧で、事前に十分な説明を受けられる
3. 経験と実績がある
4. 設備が整っていて清潔
5. スタッフの対応が良い

続きを読む

PAGE
TOP